山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般 自然 科学 技術

竹楊枝と竹串 竹林の整備

投稿日:2018-06-20 更新日:

最近楊枝を竹楊枝に切り替えました.従来の木の楊枝より硬いので,折れにくく先も曲がりにくいです.

通常使うには竹の方が丈夫です.価格も100円ショップで売っているので,ほぼ同じ位です.

ただし,歯を掃除するには硬さが今まで違うので違和感があるかも知れません.でも,慣れてくると戻れなくなります.


竹林の伐採と搬出作業


2017竹藪掃除

串の方も焼き鳥で使われているので単価は安いです.おつまみで納豆だけを食べる時や野菜の漬物を食べる時などに使っています.

使い捨てでそのまま捨てられるところが便利です.


【株式会社広栄社】つまようじができるまで ~丸楊枝の加工~


国産つまようじの菊水産業(株)つまようじの溝の謎

スポンサード リンク

タケは成長が速く,成長時には一日で一メートルも伸びます.竹林はどんどん成長しますが,その一方で森林が減少していきます.従って積極的に整備,伐採していかないと様々な悪影響がでてきます.

また,伐採された竹資源の利用方法は限られているので,今後どのような利用方法があるのか様々な研究,試行錯誤が行われています.

タケの楊枝や串をいくら使っても環境問題に好影響があっても悪影響はなさそうです.

スポンサード リンク

タケのデータ
目:イネ目 Poales
科:イネ科 Poaceae
亜科:タケ亜科 Bambusoideae
連:タケ連(広義) Bambuseae
学名:Bambuseae Kunth ex Dumort.
和名:タケ

タケは狭義のタケ,ササ(笹),バンブー (bamboo) の3つに分けられます.
生息地:アジアの温帯・熱帯地域に多く生息します.ササは寒冷地にも自生します.タケ・ササの分布は北は樺太から南はオーストラリアの北部,西はインド亜大陸からヒマラヤ地域,またはアフリカ中部に及びます.北アフリカ,ヨーロッパ,北アメリカの大部分には生息していません.


日本における竹資源の活用について・竹工房現場より(178)


竹資源の有効活用(182)

普通の人が知らない世界,勉強になります

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般, 自然 科学 技術
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ハナショウブ

ハナショウブが咲き始めました.私の知っている都内の花菖蒲園4選

スポンサード リンク 6月に入るとハナショウブが咲きます.ハナショウブは江戸時代の伝統文化で特に東京の東部の低地で菖蒲園が盛んでした.その中で最も有名なのが堀切菖蒲園.その他にもいろいろありますので紹 …

土偶

現代人の中にも残っている縄文の魂

縄文マニアのS君と駿河台にある明治大学の博物館に行ってきました.先日,東京大学の博物館で縄文のコレクションは明治大学がダントツです,という事を聞きましたので訪ねてみました.館内に入るとすぐに案内され丁 …

今日,2018年3月21日は春分日です

スポンサード リンク 桜も花開き春が来たと思ったら,今日は寒くなりました.冷たい雨やところによっては雪も降っています. 今日は春分の日です.天文学では春分日(しゅんぶんび)と呼びます. 正確には太陽が …

タオル

バスタオルを廃止してタオルへ,古くなったらハンドタオルそしてボロキレとなるリサイクルシステム

最近の傾向としてバスタオルをやめてタオルへ変更している家庭が多いと聞きます.バスタオルは洗濯したり乾燥したりするのに手間がかかります.しかも不経済だし,洗わずに何度も使い続ければ不衛生だからです. タ …

セミ

セミの季節,セミの謎 2

スポンサード リンク セミの話2回目です.セミは不思議な生物です.なぜあんなに長い間土の中で生活しているのでしょう?そして,せっかく成虫になったのに間もなく死んでしまいます. スポンサード リンク