山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般 自然 科学 技術

竹楊枝と竹串 竹林の整備

投稿日:2018-06-20 更新日:

最近楊枝を竹楊枝に切り替えました.従来の木の楊枝より硬いので,折れにくく先も曲がりにくいです.

通常使うには竹の方が丈夫です.価格も100円ショップで売っているので,ほぼ同じ位です.

ただし,歯を掃除するには硬さが今まで違うので違和感があるかも知れません.でも,慣れてくると戻れなくなります.


竹林の伐採と搬出作業


2017竹藪掃除

串の方も焼き鳥で使われているので単価は安いです.おつまみで納豆だけを食べる時や野菜の漬物を食べる時などに使っています.

使い捨てでそのまま捨てられるところが便利です.


【株式会社広栄社】つまようじができるまで ~丸楊枝の加工~


国産つまようじの菊水産業(株)つまようじの溝の謎

スポンサード リンク

タケは成長が速く,成長時には一日で一メートルも伸びます.竹林はどんどん成長しますが,その一方で森林が減少していきます.従って積極的に整備,伐採していかないと様々な悪影響がでてきます.

また,伐採された竹資源の利用方法は限られているので,今後どのような利用方法があるのか様々な研究,試行錯誤が行われています.

タケの楊枝や串をいくら使っても環境問題に好影響があっても悪影響はなさそうです.

スポンサード リンク

タケのデータ
目:イネ目 Poales
科:イネ科 Poaceae
亜科:タケ亜科 Bambusoideae
連:タケ連(広義) Bambuseae
学名:Bambuseae Kunth ex Dumort.
和名:タケ

タケは狭義のタケ,ササ(笹),バンブー (bamboo) の3つに分けられます.
生息地:アジアの温帯・熱帯地域に多く生息します.ササは寒冷地にも自生します.タケ・ササの分布は北は樺太から南はオーストラリアの北部,西はインド亜大陸からヒマラヤ地域,またはアフリカ中部に及びます.北アフリカ,ヨーロッパ,北アメリカの大部分には生息していません.


日本における竹資源の活用について・竹工房現場より(178)


竹資源の有効活用(182)

普通の人が知らない世界,勉強になります

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般, 自然 科学 技術
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

旅の日と奥の細道

5月16日は「日本旅のペンクラブ(旅ペン)」が1988年に制定した旅の日. これは元禄2年3月27日(新暦1689年5月16日)に松尾芭蕉が「奥の細道」の旅へ旅立った日にちなんだものです. せわしない …

秋になると緑の葉が黄葉,紅葉,褐葉するのはなぜ?

スポンサード リンク 秋らしく朝晩が涼しくなってきました.つい先月まで緑色をしていた木々の葉も黄色くなったり,赤くなったり,褐色になったものが混ざってきました. 今日は黄葉と紅葉のお話で.どちらも「こ …

錠剤

ビタミンについて復習しましょう

誰でも知っているビタミンですが,解説の依頼があったので見ていきます.依頼者はビタミンが物質名(薬品名)ではなく,生命体に有効な機能名であることを知り,ビタミンについてもっと知りたいとの事でした. スポ …

3月もあと数日で,もうすぐ4月.ところで,年度とは

スポンサード リンク 日本の多くの機関では4月から新年度が始まります.学校は,卒業式が済み入学式と新学期がはじまります.役所や会社も会計年度末,新年度の始まりで忙しくなります.また,転勤などで引っ越し …

オオキバナカタバミ

カタバミが開花しました.正確にはオオキバナカタバミです.

オオキバナカタバミ開花中 スポンサード リンク 以前に四つ葉のクローバーについてお話ししました.その時出て来たシロツメクサとカタバミを覚えていらっしゃいますか?四つ葉のクローバーは一般的にシロツメクサ …