山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

散歩のすすめ,習慣化するための秘訣

投稿日:2017-03-11 更新日:

sanpo01
散歩やウォーキングが健康に良いことは知っているけれど,なかなか習慣化できず,続かないとお悩みの人は多いと思います.私は数年前に一念発起して散歩,ウォーキングを本格的に始めました.万歩計計算ですが,数カ月前に一万キロを超えました.地球1/4周です.病気で寝ていた時を除き,ほぼ毎日歩きました.歩きながら考えたり,経験したりして得た習慣化のコツをご紹介します.

スポンサード リンク

散歩,ウォーキングが楽しくて仕方がない.外を自由に歩くのが待ち遠しいという気持ちをどう育てるか,が大切です.

先ほど,一念発起してと書きました.私の場合は近年,体力の衰えを切実に感じるようになりました.そして激しいスポーツをすると疲労回復に数日かかるようになり,疲労が蓄積しがちになったため,10年後も続けられる運動にシフトして行こうと思いました.当初,軽いランニングやジョッギングから始めましたが,毎日続けるのには難があり,膝への負担もあることから,次第にウォーキングそして散歩に変わって行きました.

一念発起したとは言え,毎日続けるにはいろいろな障害が出てきます.体調不良や病気,急用や台風など様々な障害をどのように考えれば乗り越えて,続けて行けるだろうかと試行錯誤しながらやってきました.

最終的にわかったことは,「楽しくなければ続かない」ということでした.自分が子供だった頃を振り返ってみてください.単純に楽しそうだなと思えば,遊びに行きたい衝動は止められません.また嫌だと思えばどんなことがあっても理由をつけて行かないようにがんばります.

大人になると,義務感や必要性から自分に鞭打ってなんとかこなそうと頑張ります.でも,やらないと生きていけないようなことならともかく,たかが散歩,たかがウォーキングに人生の何分の一にあたる時間を無理して割けるわけがありません.心のどこかに,たかがと言う気持ちが残っています.続けていかないと数年後に身体がボロボロになってしまうぞ,とイメージしても続けて行くことは至難となります.

では,どうしたら良いのでしょうか?「楽しくなければ続かない」これがキーワードです.散歩に行くのが待ち遠しくて待ち遠しくてしようがないとしたらどうでしょうか?何か良いことが待っているに違いないと確信して,実際にチョットした良いことを毎日見つけて持ち帰れたらどうでしょうか?

毎日が小遠足です.生活が充実してきます.

子供の頃,遠足がたのしみ,夏休みが楽しみ,クリスマスが楽しみ,お正月が楽しみという記憶があるでしょう.私の場合は,毎日が小遠足です.遠足のしおりを見ては夢を膨らませ,まだ,行ったことの無い場所を想像してはウキウキする気持ち,心のどこかに残っていませんか?今日はチョット遠出するから,飲み物と食べ物は何と何を持っていって,あそこで咲いているだろう花の写真を撮って,公園のベンチでは座りながら,先週起きたこと振り返ったり,軽く瞑想したり,帰りは体調が整ってきたので,早歩きで帰ったり,ジョッギングして帰ったり・・・・・・.今では,その日その日の楽しみが散歩に集約しています.だから散歩の時間が毎日待ち遠しくてしようがなのです.

スポンサード リンク

雨が降ったり,風が強い日は雨具の実験をします.腕の部分や足の部分が濡れやすいとか,靴に水が浸み込むまでこのくらいの雨だと1時間かかるとか,雨具の下にヒサシ付の帽子を被ると視界が確保できるとか,雨具はこの位の雨だとポンチョが良いとかいろいろ経験が蓄積していきます.「あめあめ ふれふれ かあさんが じゃのめで おむかい うれしいな ピッチピッチ チャップチャップ ランランラン」の歌詞のごとくです.

こういうことをしていると不思議なことに毎日が楽しくて楽しくて仕方なくなります.散歩のために一日を過ごしているといっても過言ではありません.

もちろん,体調の悪い日もあります.どうしても行きたくない日も出てきます.そういう日はどうしたらよいでしょうか?私の場合は,靴を履ける気力がある限り,必ず家のドアから出る,そして道路までは出ます.そこでだめなら家に戻ります.もし,少しやる気がでてきたら,家の周囲を一周回って家に戻ります.さらに,もし元気が出てくればチョットだけ歩いてみます.

たいていの場合は,チョット歩き始めると,もう少し歩けるようになり,気が付くと気分転換,元気回復,そして家に帰ってグッスリ眠れます.

いつどんな日でも,靴を履ける気力さえある限り,ドアから外にでる.これだけは守るようにしています.たったこれだけで,習慣の総崩れは防げます.楽しみを生み続ける習慣は残すことができます.

楽しくなければ,その日はひかえれば良いのです.家に戻れば良いのです.でも,靴を履く気力がある限り,一歩だけはドアの外に出てください.これが文字通り,習慣を身につけて手放さないための一歩なのです.バカみたいなことですけれど,続けて良かったと思う日が必ずやってきます.

散歩,ウォーキングのすすめ,習慣化するための秘訣のまとめ

1. 10年先でも続けられる運動として散歩やウォーキングは最適

2. 必要性や義務感だけでは続けられない

3. 楽しくなければ続かない,これがポイントです

4. 毎日が小遠足,何か良いことが見つけられます

5. 気分が乗らない時は靴を履き一歩だけドアの外にでてから考える

以上です.次回は楽しくするためのコツと気軽に一歩外へ出るための準備についてお話します.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

偉人の名言 エジソン

I owe my success to the fact that I never had a clock in my workroom. Thomas Edison スポンサード リンク 私が成功で …

謙虚であること

最初は恐る恐る始めたことも,物事が少しうまくいきだすと慢心になりがちです.長い人生経験を経て生き方を磨いてきた人は自由であると同時に,自然の謙虚さが身についているように見えます. スポンサード リンク …

交通安全運動

秋の全国交通安全運動で思う事

スポンサード リンク 秋の全国交通安全運動が始まります(9月21日から30日).全国の道路沿いに安全運動のテントが建ち,様々なイベントが開催されます. 多くの人は無関心かも知れません.また,多くの人が …

ホールドリング

スマホ ホールドリングまたはバンカーリングは写真撮影に最適

最近花をスマホで撮影する事が多くなり,低い所高い所の撮影が頻繁になってきました.その時活躍するのがスマホ ホールドリングです.これがあると片手撮影さえできる様になりました.最も大切なのは落とさないこと …

梅雨

六月に入ると梅雨入りですね.ところで,なぜ 梅雨と書くのでしょうか?

通常6月半ばまでには本州の大部分が梅雨入りします.入梅で一応春が終わり,初夏に入ります.そして梅雨明けをもって盛夏の到来となります.この期間は雨が多く1カ月から1カ月半ほど続きます.梅雨は北半球の大陸 …