山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第31週の花草木 ガマ

投稿日:2018-07-30 更新日:

ガマと言えばガマの穂が頭に浮かびます.昔はたくさんありましたが,あちこちにあった沼や用水路が宅地化されたり,暗渠になったりしてほとんど見かけなくなりました.

「かまぼこ」の語源ですが,昔の「かまぼこ」は今の「ちくわ」だったとのこと.後に「板かまぼこ」が生まれ,それが今の「かまぼこ」となり,本来の「かまぼこ」が「竹輪かまぼこ」と呼ばれ,今では「ちくわ」となりました.

ところで,ガマは多年草の抽水植物です.抽水植物とは,水生植物の一種で,比較的浅い水中に生息しています.根は水底の土の中にはり,葉や茎が水面から出ています.アシ・ガマ・ハスなどがあり,挺水(ていすい)植物,水沢(すいたく)植物などとも呼ばれます.

ガマ属(Typha)の日本で見られる主な種

ガマ Typha latifolia L.:雌花序の長さが10-20cm
ヒメガマ Typha domingensis Presl:雌花序と雄花序が離れて花茎の軸が見える
コガマ Typha orientalis L.:雌花序の長さが6-10cm

スポンサード リンク

ガマのデータ

目:イネ目 Poales
科:ガマ科 Typhaceae
属:ガマ属 Typha
種:ガマ T. latifolia
学名:Typha latifolia L.
和名:ガマ(蒲,香蒲)

スポンサード リンク

分布:北半球の温暖な地域やオーストラリア,日本
生息地:池や沼などの水辺

高さ:1.5-2m
花期:6月-8月
花:穂の上半分は細く,雄花が集まり,開花時には黄色い葯が一面に出ます.
穂:穂の下部は雌花の集まりで赤褐色で太くなっています.雌花は結実後に綿クズのような冠毛を持つ微小な果実になります.果実は風により飛散し,水面に落ちると種子が放出され水底に沈み発芽します.


30秒の心象風景3745・ガマの穂~神社の池~


ガマの穂

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

第24週の花草木 ネムノキ(合歓木)

散歩中に公園を通り抜けると,一面に写真のような花が落ちていました.上を見上げるとピンク色の花がいっぱい咲いています. ネムノキでした.いつも通っている公園なのに,花を見るまで存在すら気づきませんでした …

花

2017年 「週の花」のまとめ

2017年5月15日の第20週から始めて12月26日第52週まで「週の花」シリーズを続けてきました.毎日の散歩で実際に見た花を調べて記事にしながら,自分の観察力や記憶力を養っていこうという目的でした. …

第17週の花草木 ボタン

スポンサード リンク ボタンの花 舞鶴公園 Japanese tree peonies at Maizuru park 街角で時々ボタンの大輪を見かけます.見事な咲きっぷりです.春真っ盛りです.一年間 …

第29週の花草木 アオギリ

幹が緑色をした木を見たことありますか.アオギリという名の樹木です.漢字では青桐と書きます.近くの公園に何本かあって,しばらく前から観察しています. スポンサード リンク 数週間前花が咲いていました. …

第6週の花草木 フキ

スポンサード リンク フキノトウ(蕗の薹)の天ぷらは食べたことがありますが,フキノトウを見たことはないような気がします.佃煮のキャラブキ(伽羅蕗)もフキの葉柄だという事を知らずに何となく食べていました …