山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

花火と音楽 そして,近未来の花火大会

投稿日:

週末なので,日本の各地で花火大会が催されていますね.先ほども,南の方角であがっているのが見えました.
花火にまつわるクラシック音楽がありますので聴いてみましょう.


ヘンデル: 王宮の花火の音楽:序曲


ストラヴィンスキー 花火


ドビュッシー「花火」Feux d’artifice by C. Debussy

どれも現代の花火とは違うイメージです.実際の花火大会で使われている音楽は次のようなものがあります.

スポンサード リンク


【4K】2014 赤川花火大会 エンディング「君に届け」♪ 【音ズレ修正版】


2017 長岡花火 フェニックス [4K] Revival prayer fireworks【Phoenix】 2017年8月3日 Nagaoka Fireworks festival

どうも花火に音楽は合せられないようです.爆発音が音楽と合っていません.光と音の時間差があるので,両方に合わせるのは物理的に不可能です.音楽を光に合わせると破裂音が雑音になります.

数万発の花火大会では音楽無しで,純粋に光と爆発音を楽しむ方が好ましく感じます.

でも,反対に花火を楽器として音楽に合わせて近距離で使うと,なかなかいけます.主従を変えることで,音と光の調和がとれます.


🎼 Tchaikovsky Spectacular w Fireworks 💥 | ‘1812 Overture’ Hollywood Bowl 2015

スポンサード リンク

最近はドローンを使って迫力ある花火の映像が撮れるようになりました.花火の爆発音を消して,音楽を被せています.こちらは地上から見るより数倍の見ごたえがあります.


Drone Flying through Fireworks! 4th of July!


【ドローンで4K空撮】こうのす花火大会 鳳凰乱舞 四尺玉


2018 Lake Winnie Fireworks Show (Drone Footage!)

新しい時代の花火は空中から花火の中でみる方法が主流になるかも知れませんね.
最近はさらに進んで,ドローンを花火代わりに使い無音の花火ができるようになりました.


Fourth of July Intel Shooting Star Drone Light Show


EHang Egret’s 1374 drones dancing over the City Wall of Xi’an, achieving the Guinness World Records”


Sky Magic live at Mt.Fuji : Drone Entertainment Show


Drones light show – Spettacolo luminoso con droni

新しいイルミネーションの芸術は花火業界にとって強敵となりそうです.10年後の花火大会の半分がこれに代わるのではないでしょうか.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

暦

今日2018年2月16日金曜日は旧暦の1月1日です.150年程前では今日が「新年おめでとうございます」の日でした

スポンサード リンク いわゆる旧正月ですが,日本ではほとんどの地域で忘れ去られてしまいました.ご先祖様に思いを寄せる人達は新年を心の中で迎えて新たな年の始まりを祝いましょう. スポンサード リンク

低負荷運動

低負荷運動を無意識に行う習慣を身に付けましょう(1)身体的精神的リラックスの習慣

私は長い間様々な運動をしてきましたが,どちらかと言うと高負荷で高速な運動に偏りがちでした.数年前からはウォーキングなどの低負荷中速の運動を始めましたが,屋内での低負荷運動はほとんど注目していませんでし …

ハロウィン

ハロウィンの広まりと現在のハロウィン

スポンサード リンク 昨日はハロウィンの起源とケルト人のお話でした.今日はハロウィンの広まりと現在のハロウィンについてのお話です. ケルト人の風習であったハロウィンはキリスト教社会から見れば異教徒の風 …

図鑑の効用 想像力,創造力養成のツールとして

子供の頃,図鑑を見ながらイメージを膨らませて空想に耽っていたことはありませんか?漫画やアニメを見た後,自分がヒーローになりきっていたことがあるのでは? その昔,映画を観て映画館から出てくる人達は,上映 …

山河海空ブログ 一周年記念

スポンサード リンク ついに本ブログを開始してから一年経ちました. 初日の記事を読み返してみると,「最低でも3年位は書き続けてみたいと思います.」とあります.毎日,毎日記事を書くのがこんなに大変とは思 …