山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

本 読書

本の紹介: 99.9%は仮説 思い込みで判断しないための考え方

投稿日:2018-08-29 更新日:

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します.


書名:99.9%は仮説 思い込みで判断しないための考え方
著者:竹内薫
出版社:光文社新書

科学の基本は「世の中,ぜんぶ仮説にすぎない」という事を,飛行機はみんなが使っているけれど,実は「飛行機はなぜ飛ぶのかわかっていない」ということから始めて,常識として信じられているものが全て仮説にすぎないと述べています.

「本当ですか?」と思うかもしれませんが,私もその通りだと思います.よくよく考えてみれば絶対的な真実など無いと私も思います.けれど,この考え方自体も「仮説」ですから,本のタイトルで99.9%と言っているのでしょうかね.

今,書いていて思い出しました.小学校低学年の頃,担任の先生が,「世の中に絶対という言葉は無い」と言って,生徒の反論をことごとく崩していったことがありました.確かにそうだなあと思ってその後は,絶対>>>確実 という具合に「絶対」を「確実」よりはるかに高尚で,神のみぞ許される言葉として格別に扱った覚えがあります.

今だったら,先生のおっしゃる「絶対という言葉は無い」というのも「絶対」に正しいとは言えないのでは?,と反論できたのに...先生の反論を聞きたかった.

スポンサード リンク

参考

素材語句

飛行機はなぜ飛ぶのか?実はよくわかっていない 科学はぜんぶ仮説にすぎない

世界は仮説でできている 常識や習慣や定説も仮説にすぎない 頭の柔らかい人は知ってる 日本の海岸線の長さは? 仮説は180度くつがえる 仮説には白から黒までのグラデーションがある

スポンサード リンク

仮説と心理はせつない関係 事実をねじ曲げて解釈する 思い込みを最優先 悪いデータを無視する 科学の定義 科学はまちがいを潔く認める

大仮説はありえる世界 この宇宙は実験室で作られた? 仮説を外して考える 常識に縛られないコツ 疑う技術を毎日磨く 暗黙の了解は疑う

相対的にものごとをみる 相手が自分と違う仮説を信じていると話が通じない すべては仮説に始まり仮説におわる 頭をやわらかくする仮説の答え

今日はこれまで.ではまた.

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
ここでは個人的に素晴らしいと感じた書籍を記録しておくとともに,ご参考までに紹介しています.
* 内容に問題があると考えられる方は,ご連絡ください.
* If you have any problems, please let us know.
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

スポンサード リンク

-本 読書
-, , ,

執筆者:

関連記事

本の紹介: 桜の雑学事典

スポンサード リンク 今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. 書名:桜の雑学事典 著者:井筒清次 出版社:日本実業出版社 良書です.桜のシーズンには片脇に置いておきたい一書です.本書は完成度が …

本の紹介: 山と溪谷と田部重治(たなべ じゅうじ)

登山好きな人たちにとって山岳雑誌「山と溪谷」は見たことが無い人はいないと思います.この出版社は山岳,アウトドア,旅行,自転車など分野を広げていますが,メインは登山だと思います. スポンサード リンク …

本の紹介: バベルの図書館 ホルヘ・ルイス・ボルヘス「伝奇集」より

バベルの図書館 La biblioteca de Babelという短編小説を知っていますか? ホルヘ・ルイス・ボルヘス(1899-1986)というアルゼンチン出身の作家によるものですが,奇妙なお話です …

今,読書中の本: 脳をつくる読書 なぜ「紙の本」が人にとって必要なのか

スポンサード リンク 今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:脳をつくる読書 なぜ「紙の本」が人にとって必要なのか 著者:酒井邦嘉 出版社:実業之日本社 良書です.昨日の …

今,読書中の本: ぼくのとなりの野草 上野邦雄著

スポンサード リンク 今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:ぼくのとなりの野草 著者: 上野邦雄 出版社:青山ライフ出版,星雲社 良書です.本書は身近な野草について27 …