山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第37週の花草木 ホオズキ

投稿日:2018-09-10 更新日:

「鬼灯」と書いて「ほおずき」とよみます.ちょっと怖そうな名前ですね.ホオズキの「ほお」は頬(ほほ)つまり,ほっぺたのことです.「ずき」は「づき」で,顔づき,目つきなどの「つき」です.つまり,人の顔に似ているということでしょうか.

夜,鬼が人の顔した赤い提灯をぶら下げて歩いているイメージでしょうか?ハロウィーンみたいですね.お盆にはホオズキを死者の霊を導く提灯に見立て,枝付きで精霊棚(盆棚)に飾ることもあります.

ちなみにほおずきとして鑑賞している袋の部分は花のガクです.ガクが成長してホオズキの袋をつくります.

このサイトに成長の様子が記録されています.
https://plaza.rakuten.co.jp/okada1952/diary/201506100000/

季節の風物「ほおずき市」と言えば,東京浅草の浅草寺が有名です.7月9日,10日に四万六千日の縁日として行われます.明和年間(1764〜72)に始まったので,約250年の歴史があります.当時は旧暦でしたので,季節的には新暦の7月より一月以上遅かったと思います.ほうずき市に最適な時期だったのでしょう.

「ほおずきの実を水で鵜呑み(丸飲み)すれば,大人は癪(なかなか治らない持病)を切り,子供は虫気(腹の中にいると考えられた虫による腹痛など)を去る」という俗信があり,薬用で食していたと言われています.

ナス科植物で,食用として栽培されているものもありますが,鑑賞用のものには毒物であるアルカロイドが含まれていますので,食用厳禁です.

スポンサード リンク

参考

ホオズキのデータ

目:ナス目 Solanales
科:ナス科 Solanaceae
属:ホオズキ属 Physalis
種:ホオズキ(母種) P. alkekengi
変種:ホオズキ var. franchetii
学名:Physalis alkekengi var. franchetii
和名:ホオズキ(鬼灯、酸漿),カガチ、ヌカヅキ
英名:Chinese lantern plant

原産地:東南アジア
性質:多年草
草丈:30-100cm
花:淡い黄色
花期:6-7月
鑑賞期:8-9月

しろうと自然科学者の自然観察日記
https://plaza.rakuten.co.jp/okada1952/

浅草寺 ほおずき市
http://www.senso-ji.jp/annual_event/13.html


ほおずき市浅草寺2018


浅草 ほおずき市 TOKYO JAPAN Chinese Lantern Plant fair 東京観光 花見頃


ほうずき

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-

執筆者:

関連記事

第22週の花草木 サツキ

サツキの花はツツジの花に似ていますが,約一ヵ月遅い5-6月に咲くので,旧暦の呼び名の皐月にちなんでそう呼ばれるようになりました. ツツジ属ですので,ツツジや,シャクナゲと近縁です.日本での分け方と学術 …

第33週の花草木 スペアミント

スポンサード リンク ベランダのサボテンの鉢植えしばらく放って置いたら,スペアミント(多分)が生えていました.どこから来たのかわかりませんが,ハーブとして使えるので大歓迎です. ペパーミントととともに …

第15週の花草木 ユキヤナギ

スポンサード リンク ユキヤナギ 雪柳はバラ科シモツケ属の落葉低木です.小さい白い花をたくさんつけて,今盛んに咲いています.花は5弁で雪白の小さなものを枝全体につけていますので,まるで柳に雪が積もった …

第36週の花草木 クロホウシ(サンシモン)

自宅のアロエとサボテンの隣で一緒に育っていたクロホウシを取り上げます.漢字では黒法師,濃い紫色で,黒っぽく見えます.黒い花は少ないので妙に記憶に残ります.サンシモンとも呼ばれています. スポンサード …

第39週の花草木 オトコエシ

スポンサード リンク オトコエシ (男郎花)はオミナエシ(女郎花)に対するものとしてその名前が付いています.オミナエシによく似ていますが,花の色は白いです. スポンサード リンク