山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

本 読書

本の紹介:「科学にすがるな!」,その後の関連読書

投稿日:2018-09-25 更新日:

佐藤文隆氏の「科学にすがるな!」を読んだ後,佐藤ワールドをよりよく理解するために以下の著作を読みました.

「科学者には世界がこう見える」 佐藤文隆著

「科学者,あたりまえを疑う」 佐藤文隆著

「歴史の中の科学」 佐藤文隆著

「佐藤先生の量子論」 佐藤文隆著

スポンサード リンク

「量子力学が描く希望の世界」 佐藤文隆著

近年の物理学,特に量子力学のアウトラインをエッセイ風に触れているので読みやすく仕上がっています.時々の事件やニュースに触れているところもあるので,新しいものの方が読みやすい傾向があります.

芯の部分にブレが無いのでどれを読んでも同じテーマに触れることになり,全部読み通せば佐藤ワールドに馴染みが出てきます.主題は同じなので同じものを様々な角度から触れることになります.

数年後に全体像をもう一度復習するとすれば,まず「科学にすがるな!」を50%のリソースで,「佐藤先生の量子論」を30%,仕上げとして「量子力学が描く希望の世界」を20%の比率で読めば佐藤ワールドの90%が把握できると思います.

ただし,これで量子力学が分るという事では無くて,その背景や歴史的経緯を知ることができるということですので,やっと入口に立てるという事です.入ることはできても,出口のない世界に思えます.

佐藤氏自身は「佐藤先生の量子論」210頁のあとがきで,次の関連書も紹介しています.

スポンサード リンク

参考

教科書

「量子力学ノート -数理と量子技術- SGCライブラリー102」 サイエンス社

量子力学談義

「量子力学のイデオロギー」 青土社
「量子力学は世界を記述できるか」 青土社
「科学と人間」第3章 青土社

アインシュタイン論

「孤独になったアインシュタイン」第1部 岩波書店
「アインシュタインの反乱と量子コンピュータ」 京都大学学術出版会
佐藤,井元信之,尾関 章 「量子の新時代」 朝日新書


佐藤文隆 科学を斬る!!! – 自著を斬る! –

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-本 読書
-,

執筆者:

関連記事

本の紹介: もたない男 中崎タツヤ著

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. 最近読んで面白かった本です. 「もてない男」では無く,物を極力「もたない男」です.1955年生まれの漫画家で,いつも何か捨てるものはないか,探し回ってい …

本の紹介: 人生を変える習慣のつくり方

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. スポンサード リンク 書名:人生をかえる習慣のつくり方 Better than Before 著者:グレッチェン・ルービン 花塚恵訳 出版社:文響社 は …

本の紹介: バベルの図書館 ホルヘ・ルイス・ボルヘス「伝奇集」より

バベルの図書館 La biblioteca de Babelという短編小説を知っていますか? ホルヘ・ルイス・ボルヘス(1899-1986)というアルゼンチン出身の作家によるものですが,奇妙なお話です …

本の紹介: ひらめきはどこから来るのか

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. 書名:ひらめきはどこから来るのか 著者:吉永吉正 出版社:草思社 スポンサード リンク 序章 「考える」とは何か 第一章 ひらめきの見つけ方 第二章 考 …

今,読書中の本: 脳をつくる読書 なぜ「紙の本」が人にとって必要なのか

スポンサード リンク 今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:脳をつくる読書 なぜ「紙の本」が人にとって必要なのか 著者:酒井邦嘉 出版社:実業之日本社 良書です.昨日の …