山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

本 読書

本の紹介: ひらめきはどこから来るのか

投稿日:2018-09-28 更新日:

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します.


書名:ひらめきはどこから来るのか
著者:吉永吉正
出版社:草思社

序章 「考える」とは何か
第一章 ひらめきの見つけ方
第二章 考え続ける技術
第三章 夜の歌
第四章 Mind of Blue
第五章 ひらめきを阻害するもの
終章 人間は何を知ることができないか

本書は「草思」2000年5月号から2001年4月号に連載された「考える力はどこからくるか」に加筆訂正されて編集されています.どちらかというと随筆に近いもので,各章テーマごとにまとめてありますが,それぞれの材料が濃く,話が各方面に飛ぶので,考えながら時間をかけて味わう書となっています.

特に序章と終章は秀逸で,数回読み返す価値があると思います.3章 夜の歌も興味深く読めました.比喩やアナロジーも面白く,なるほどと思うことが多々ありました.

読みながらもひらめくことが多かったのですが,話題が変わる度に,思い浮かんだことを忘れてしまいました.

スポンサード リンク

参考

素材語句

深さが見え始めるのは覆いがとられたとき,ひらめき,考える力,人間らしさを強要する押し付け,独断的科学主義,ホモ・サピエンス・サピエンス,聡明にして分別ある人間,自画自賛,頭がいいことへの強迫観念,世界を見ることを学び直す,偽りの決定論,犬と顔見知り,四つ葉の探し方,何かひっかかる,チチコグサ,水,万物のアルケー,散歩,無心に歩いているとき

ひらめきの四段階,没頭期,潜伏期,啓示期,証明期,重要なのは長い潜伏期,カオスの縁,相転移,創造的思考プロセス,ショック期,否認期,混乱期,受容期,解決への努力期,リハビリテーション,ふっ切れました

スポンサード リンク

ソーカルの知的詐欺,記憶はもっともらしい物語を語る,わかったと思ってしまう,知的好奇心とガンは似ている,イニシエーション,プロモーション,タバコ

多すぎる情報はマイナス,情報糖尿病の現代人,通信エンゲル係数,健康になれるなら死んでもいい,医食同源はなかった,日本社会の無菌化,異物の排除,人工的,同一化,みんなと同じ個性,正しい遊び方,ゆとりの義務づけ,考えることは生きること

今日はこれまで.ではまた.
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
ここでは個人的に素晴らしいと感じた書籍を記録しておくとともに,ご参考までに紹介しています.
* 内容に問題があると考えられる方は,ご連絡ください.
* If you have any problems, please let us know.
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

スポンサード リンク

-本 読書
-

執筆者:

関連記事

本の紹介: 上達の原則

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. 現代は技術と社会が急激に変化している最中なので,多くのことを学び,新しいことに対応していくことが要求される時代です. 本書は上達するための原則を様々な視 …

今,読書中の本: アイデア大全 想像力とブレイクスルーを生み出す42のツール

今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:アイデア大全 著者:読書猿 出版社:フォレスト出版 スポンサード リンク 良書です.実はアイデアの出し方,ものの考え方を事典として …

本の紹介: 宇宙の7大テーマ

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. 書名:宇宙の7大テーマ 編集者:水谷仁 出版社:株式会社 ニュートン プレス 良書です.梅雨も明けて,七夕や木星,火星など天文のテーマ満載の今の時期に星 …

本の紹介: もたない男 中崎タツヤ著

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. 最近読んで面白かった本です. 「もてない男」では無く,物を極力「もたない男」です.1955年生まれの漫画家で,いつも何か捨てるものはないか,探し回ってい …

本の紹介: 桜の雑学事典

スポンサード リンク 今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. 書名:桜の雑学事典 著者:井筒清次 出版社:日本実業出版社 良書です.桜のシーズンには片脇に置いておきたい一書です.本書は完成度が …