山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

暦 季節 カレンダー 出来事

2018年10月8日月曜日は体育の日です.

投稿日:2018-10-08 更新日:

スポーツにしたしみ,健康な心身をつちかう日として,10月の第二月曜日に設定されて,連休となっています.昔の体育の日は10月10日で1964年(昭和39年)の東京オリンピックの開会式が行われた日にちなんでいることを知っていましたか?

2020年の東京オリンピックも,この時期にやれば快適なのに,なんで真夏の暑い盛りに...敢えて,スポーツで鍛えぬいた強い身体と心を試すのだろうか?

スポンサード リンク

体育の日
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%93%E8%82%B2%E3%81%AE%E6%97%A5

国民の祝日のデータ

国民の祝日に関する法律(祝日法,昭和23年法律第178号)
昭和23(1948)年7月20日 法律第178号
昭和23(1948)年7月20日 施行(附則第一項)
最終改正 平成26(2014)年5月30日
「春分の日」および「秋分の日」の日付は,前年2月1日の官報で発表される.

第1条(意義)
自由と平和を求めてやまない日本国民は,美しい風習を育てつつ,よりよき社会,より豊かな生活を築きあげるために,ここに国民こぞつて祝い,感謝し,又は記念する日を定め,これを「国民の祝日」と名づける.

スポンサード リンク

第2条
「国民の祝日」を次のように定める.
元日 1月1日 年のはじめを祝う.
成人の日 1月の第2月曜日 おとなになったことを自覚し,みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます.
建国記念の日 政令で定める日 建国をしのび,国を愛する心を養う.
春分の日 春分日 自然をたたえ,生物をいつくしむ.
昭和の日 4月29日 激動の日々を経て,復興を遂げた昭和の時代を顧み,国の将来に思いをいたす.
憲法記念日 5月3日 日本国憲法の施行を記念し,国の成長を期する.
みどりの日 5月4日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し,豊かな心をはぐくむ.
こどもの日 5月5日 こどもの人格を重んじ,こどもの幸福をはかるとともに,母に感謝する.
海の日 7月の第3月曜日 海の恩恵に感謝するとともに,海洋国日本の繁栄を願う.
山の日 8月11日 山に親しむ機会を得て,山の恩恵に感謝する.
敬老の日 9月の第3月曜日 多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し,長寿を祝う.
秋分の日 秋分日 祖先をうやまい,なくなった人々をしのぶ.
体育の日 10月の第2月曜日 スポーツにしたしみ,健康な心身をつちかう.
文化の日 11月3日 自由と平和を愛し,文化をすすめる.
勤労感謝の日 11月23日 勤労をたっとび,生産を祝い,国民たがいに感謝しあう.
天皇誕生日 12月23日 天皇の誕生日を祝う.

第3条
1.「国民の祝日」は,休日とする.
2.「国民の祝日」が日曜日に当たるときは,その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする.
3.その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る.)は,休日とする.
以下,省略

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-暦 季節 カレンダー 出来事
-

執筆者:

関連記事

2018年5月21日は小満です.太陽黄経60度

小満(しょうまん)は,二十四節気の第8. スポンサード リンク 現在広まっている定気法では太陽黄経が60度のときで,毎年5月21日頃です.この日から,次の節気の芒種前日までの期間のことも小満と言います …

2018年5月2日は八十八夜です.そして緑茶の日

夏も近づく八十八夜  (BGM.茶積み) お茶の製造工程 — 興味深いものがあります. スポンサード リンク 緑茶の日は日本茶業中央会が制定しました.八十八夜が茶摘みの最盛期である八十八夜 …

2018年6月21日木曜日は夏至です.太陽黄経90度

[京都二十四節気] 夏至 スポンサード リンク いよいよ夏至ですね.二十四節気の10番目です.夏至の時間に太陽黄経はちょうど90度となります.1年360度の1/4周ですね(春分が0度です). 期間とし …

2018年11月7日は立冬です.太陽黄経225度,鍋の日

2018年11月7日は立冬(りっとう)です.もう冬入口ですね.立冬になると,冬の気配が現われてきます. まだ,部屋の片隅に扇風機が残されていますけど... [京都二十四節気] 立冬 スポンサード リン …

6月は水無月(みなづき,みなつき),旧暦と和風月名について

水無月ときくと水の無い月のように聞こえますが,みなづきの「な」は連体助詞*の「な」で,「の」と同じ意味です.つまり,水の月ということになります.水な底(みなぞこ)が水「の」底という使い方と同じです. …