山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第43週の花草木 セイタカアワダチソウ

投稿日:2018-10-22 更新日:

川沿いの土手にはセイタカアワダチソウが群れを成して生えています.私が小中学生の頃,この草は外来植物で駆除しないと大変なことになると教えられて,悪い雑草だというイメージがありました.

でも,よく見れば黄色いきれいな花が咲いています.観賞植物としてハギの代りに用いられたり,ミツバチの蜜源としての用途もあり養蜂業者が全国に広めたりしました.また,すだれの材料にもなるそうです.

以前はススキとの競合で,ススキが全滅すると言われましたが,現在では丁度良い具合に共存しています.現在は自種のアレロパシー*で繁殖力が衰えて,代わりにススキが勢力を伸ばしているとのことです.

注:アレロパシー Allelopathyとは,植物が科学物質(アレロケミカル)を放出して,他の植物の生長を妨げたり,動物や微生物を防いだ,引き寄せたりする効果のこと.

スポンサード リンク

参考

セイタカアワダチソウのデータ

目:キク目 Asterales
科:キク科 Asteraceae
属:アキノキリンソウ属 Solidago
種:セイタカアワダチソウ S. canadensis
学名:Solidago canadensis var. scabra L.
シノニム:Solidago altissima
和名:セイタカアワダチソウ(背高泡立草)
英名:Canada goldenrod


【散策物語】侵略的外来種「セイタカアワダチソウ」


もう秋!ススキと空 エノコログサ セイタカアワダチソウ セキレイも来ました2018

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-

執筆者:

関連記事

9月の植物写真

メインPCの故障で月末に載せられませんでした.よく見ると,花ばかりでなく,様々な実がなっています.iPhoneだと紫色の花のフォーカスが難しいように感じます. スポンサード リンク スポンサード リン …

第51週の花草木 ヒイラギ

ヒイラギは漢字で「柊」木ヘンに冬と書きます.まさに,冬の木です. 葉がギザギザで刺があるところが特徴的で,バラとヒイラギは刺のある植物として良く知られています. ヒイラギの名前の由来も,刺に刺されると …

7月の植物写真

7月の植物写真 スポンサード リンク スポンサード リンク

第22週の花草木 サツキ

サツキの花はツツジの花に似ていますが,約一ヵ月遅い5-6月に咲くので,旧暦の呼び名の皐月にちなんでそう呼ばれるようになりました. ツツジ属ですので,ツツジや,シャクナゲと近縁です.日本での分け方と学術 …

ひまわり

ヒマワリの花は本当に回るのでしょうか?

スポンサード リンク 昨日は第30週の花でゴッホのひまわりをお話ししました.今日はヒマワリの花そのものについてのお話です. ヒマワリは真夏の代表的な花です.真夏の暑い日,青空下で堂々と黄色い大輪の花を …