山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

歴史 文化 歴史的事件

百人一首 -1-

投稿日:

秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ 我が衣手は 露にぬれつつ
天智天皇

春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山
持統天皇

あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む
柿本人麻呂

田子の浦に うちいでてみれば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ
山部赤人

奥山に もみぢふみわけ なく鹿の 声聞く時ぞ 秋はかなしき
猿丸太夫

かささぎの 渡せる橋に おく霜の 白きをみれば 夜ぞふけにける
中納言家持

天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも
阿倍仲麻呂

わが庵は 都のたつみ しかぞすむ 世をうぢ山と 人はいふなり
喜撰法師

花の色は うつりにけりな いたづらに わが身よにふる ながめせしまに
小野小町

これやこの 行くも帰るも わかれては しるもしらぬも 逢坂の関
蝉丸

わたの原 八十島かけて こぎいでぬと 人にはつげよ あまのつり舟
参議篁

天つ風 雲のかよひ路 吹きとぢよ をとめの姿 しばしとどめむ
僧正遍昭

つくばねの 峰よりおつる みなの川 恋ぞつもりて 淵となりぬる
陽成院

みちのくの しのぶもぢずり 誰ゆゑに みだれそめにし 我ならなくに
河原左大臣

君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪はふりつつ
光孝天皇

立ちわかれ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば いまかへりこむ
中納言行平

ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは
在原業平朝臣

住の江の 岸による波 よるさへや 夢のかよひ路 人目よくらむ
藤原敏行朝臣

難波潟 みじかき蘆の ふしのまも あはでこの世を すぐしてよとや
伊勢

わびぬれば いまはたおなじ 難波なる 身をつくしても あはむとぞ思ふ
元良親王

今こむと いひしばかりに 長月の 有明の月を まちいでつるかな
素性法師

吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を 嵐といふらむ
文屋康秀

月みれば ちぢにものこそ かなしけれ わが身一つの 秋にはあらねど
大江千里

スポンサード リンク

このたびは ぬさもとりあへず 手向山 もみぢのにしき 神のまにまに
菅家

名にし負はば 逢坂山の さねかづら 人にしられで 来るよしもがな
三条右大臣

スポンサード リンク

小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば いまひとたびの みゆきまたなむ
貞信公

みかの原 わきて流るる いづみ川 いつみきとてか 恋しかるらむ
中納言兼輔

山里は 冬ぞさびしさ まさりける 人目も草も かれぬと思へば
源宗行朝臣

心当てに 折らばや折らむ 初霜の おきまどはせる 白菊の花
凡河内躬恒

有明の つれなく見えし 別れより あかつきばかり うきものはなし
壬生忠岑

朝ぼらけ 有明の月と見るまでに 吉野の里に 降れる白雪
坂上是則

山川に 風のかけたる しがらみは ながれもあへぬ もみぢなりけり
春道列樹

久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ
紀友則

誰をかも しる人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに
藤原興風

人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香に匂ひける
紀貫之

夏の夜は まだ宵ながら あけぬるを 雲のいづこに 月やどるらむ
清原深養父

白露に 風の吹きしく 秋の野は つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける
文屋朝康

忘らるる 身をば思はず ちかひてし 人の命の 惜しくもあるかな
右近

浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど あまりてなどか 人の恋しき
参議等

しのぶれど 色に出でにけり 我が恋は 物や思ふと 人の問ふまで
平兼盛

恋すてふ 我が名はまだき 立ちにけり 人しれずこそ 思ひそめしか
壬生忠見

ちぎりきな かたみに袖を しぼりつつ 末の松山 波こさじとは
清原元輔

あひみての のちの心に くらぶれば 昔は物を 思はざりけり
権中納言敦忠

あふことの たえてしなくば なかなかに 人をも身をも 恨みざらまし
中納言朝忠

あはれとも いふべき人は 思ほえで 身のいたづらに なりぬべきかな
謙徳公

由良のとを 渡る舟人 かぢをたえ ゆくへも知らぬ 恋の道かな
曽禰好忠

八重むぐら しげれる宿の さびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり
恵慶法師

風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ くだけて物を 思ふころかな
源重之

みかきもり 衛士のたく火の 夜はもえて 昼は消えつつ 物をこそ思へ
大中臣能宣朝臣

君がため 惜しからざりし いのちさへ 長くもがなと 思ひけるかな
藤原義孝

参考

藤原定家 やまと歌 「もののあはれ」

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-歴史 文化 歴史的事件

執筆者:

関連記事

今から150年前の明治元年1868年6月(新暦)の出来事

今年2018年は明治維新の1868年から150年目ということで,150年前に遡って月々の出来事を見ていきます. 1868年6月の出来事は以下の通りです. いよいよ,戊辰戦争は会津,北越へ戦場が移ってい …

小野田少尉

2014年の1月16日,戦争が終わってもフィリピン・ルバング島のジャングルで29年間戦い続けた小野田少尉が亡くなりました.今日1月16日が命日となります. スポンサード リンク 少し長い動画ですが,引 …

1953年5月29日 エベレスト初登頂,エベレスト登頂記念日

Sir Edmund Hillary – The Race for Everest 1953年5月29日,ニュージーランドのエドモンド・ヒラリー Sir Edmund Percival H …

1905年5月27日 日本海海戦の日

日本海海戦1. 1905年5月27日,日本海海戦で東郷平八郎が率いる日本艦隊がロシアのバルチック艦隊を撃破しました. 「東郷ターン」と呼ばれる敵前回頭と並航砲撃戦法で最新鋭戦艦8隻を含む全38隻のロシ …

1823年(文政6年) 8月12日シーボルト初来日

江戸時代に来日した西洋人学者でもっとも有名な人はシーボルトですが,正式な名前は,フィリップ・フランツ・バルタザール・フォン・シーボルト(Philipp Franz Balthasar von Sieb …