山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

暦 季節 カレンダー 出来事

節分 せつぶん

投稿日:

2月3日は節分です.節分というのは「季節を分ける」ということです.具体的には,立春・立夏・立秋・立冬の前日のことです.

明日2月4日が立春なので,今日3日が節分となります.本当は年に4回あるのですけれど,江戸時代以降は春の節分だけを節分とするようになりました.

なぜ春だけを節分とするようになったかというと,一年の区切りととらえていたからです.つまり,節分が大晦日(年越しの日),立春が元日に相当する季節としての一年の区切りとして扱われていたためです.

スポンサード リンク

旧暦の時代には一年の区切りが,暦上の元日(立春に近い新月の日=旧正月)と季節の始まりの立春の二つありました.

現代では,新暦の元日,旧暦の元日,そして立春と一年の区切りが三つあることになります.あまり気にしてはいませんが,一応気に留めていて豆まきをする程度ではありますけれど...

平成31年 成田山節分会 特別追儺豆まき式

参考

節分

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%80%E5%88%86

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-暦 季節 カレンダー 出来事

執筆者:

関連記事

2018年10月23日は霜降です.太陽黄経210度

[京都二十四節気] 霜降 スポンサード リンク 霜降(そうこう)とは露が霜となって降りる頃.次の節気は立冬です.これで秋はお終いということですね.移り変わりのなんと早いこと. 霜降山サバイバル生活~そ …

6月は水無月(みなづき,みなつき),旧暦と和風月名について

水無月ときくと水の無い月のように聞こえますが,みなづきの「な」は連体助詞*の「な」で,「の」と同じ意味です.つまり,水の月ということになります.水な底(みなぞこ)が水「の」底という使い方と同じです. …

2019年6月1日 七十二候 麦秋至(むぎのときいたる), 気象記念日そして電波の日

小満 末候 6月1日(土)-6月5日(水) 麦秋至(むぎのときいたる) 参考 気象記念日 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E8%B1%A1%E8%A8% …

今から150年前の明治元年1868年9月(新暦)の出来事

今年2018年は明治維新の1868年から150年目ということで,150年前に遡って月々の出来事を見ていきます. 1868年9月の出来事は以下の通りです. 1868年9月3日(慶応4年7月17日),江戸 …

2019年4月25日 七十二候 霜止出苗(しもやみてなえいづる)

穀雨 次候 4月25日(木)-4月30日(火) 来月は田植えの時期ですが,その為の苗を育てています.同時に田おこし(土に肥料と酸素を与える)やしろかき(水の深さにムラが出来ないように土の起伏をならす) …