山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第6週の花 スズナ

投稿日:2019-02-06 更新日:

七草(セリ,ナズナ,ゴギョウ,ハコベラ,ホトケノザ,スズナ,スズシロ)の六つ目,スズナ.

春の七草の続きです.

スズナは漢字で「菘,「鈴奈」,「鈴菜」などと書きます.カブの古い呼び名です.厳密にいうと,葉の部分がスズナとして七草なのですが,根のカブの方が,食用として主流になっていますので,以下カブとして説明します.

カブ(蕪)はアブラナ科アブラナ属の越年草で野菜として八百屋さんやスーパーで売られています.頭を意味する「かぶり」とか,根を意味する「株」などからカブとよばれるようになったとされています.

カブと言えば千葉県.全体の3割を生産しています.次いで埼玉県と青森県で合わせて全国生産量約14万トンの約半分を占めています.その中で良く知られているのは「金町(かなまち)小かぶ」です.その他80品種程あります.

スポンサード リンク

栄養素はダイコンとほぼ同じですが,大根は同じアブラナ科ですがダイコン属として違う種とされています.

カブ種まきと葉ネギ収穫・害虫対策

参考

小かぶ 「金町小かぶ」

https://www.sakataseed.co.jp/product/search/code00925470.html

カブ スズナのデータ

目:アブラナ目 Brassicales
科:アブラナ科 Brassicaceae
属:アブラナ属 Brassica
種:ラパ rapa
変種:カブ(ヨーロッパ系) var. rapa,カブ(アジア系) var. glabra
学名:Brassica rapa L. var. rapa,Brassica rapa L. var. glabra
和名:蕪,蕪菁
英名:Turnip

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木

執筆者:

関連記事

第9週の花草木 フクジュソウ

鮮やかな黄色の花の咲くフクジュソウ(福寿草)は日本固有種です.旧暦の正月頃に開花することから名付けられました.ちなみに今日は旧暦の1月11日です.乱獲で天然のものは減りつつあります. スポンサード リ …

第33週の花草木 ワタ

ワタは木綿の原料として人類にとって重要な植物です.子房が発達して形成される朔果 (boll) の種子表面に白い綿毛が生じるのですが,これを繊維の原料として栽培しています. スポンサード リンク ワタ属 …

第4週の花草木 ロウバイ

散歩中にロウバイが咲いているのを見つけました.大寒で雪が降る気配もありますが,春の訪れを感じます. スポンサード リンク ロウバイは漢字で,蝋梅と書きます.本草綱目(中国明朝の李時珍(1518-159 …

第51週の花草木 ヒイラギ

ヒイラギは漢字で「柊」木ヘンに冬と書きます.まさに,冬の木です. 葉がギザギザで刺があるところが特徴的で,バラとヒイラギは刺のある植物として良く知られています. ヒイラギの名前の由来も,刺に刺されると …

第31週の花草木 ガマ

ガマと言えばガマの穂が頭に浮かびます.昔はたくさんありましたが,あちこちにあった沼や用水路が宅地化されたり,暗渠になったりしてほとんど見かけなくなりました. スポンサード リンク 「かまぼこ」の語源で …