山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

自然 科学 技術

ビタミンについて復習しましょう

投稿日:2017-06-13 更新日:

錠剤
誰でも知っているビタミンですが,解説の依頼があったので見ていきます.依頼者はビタミンが物質名(薬品名)ではなく,生命体に有効な機能名であることを知り,ビタミンについてもっと知りたいとの事でした.

生物は栄養素を取り入れて生命を維持・成長しています.栄養素には以下の三大栄養素があります.

1. 蛋白質
2. 脂肪
3. 炭水化物

これ以外に微量ですが必要な栄養素があります.そのうち無機物をミネラル(mineral),有機物をビタミン(vitamin)と呼んでいます.

スポンサード リンク

必要な栄養素は生物ごとに違います.人にとっては大切な栄養素でも,植物にとっては栄養とならないものがあります.生命維持,成長の仕組みが違う場合や外部から取り入れなくても自分が合成できれば必要は無くなります.

人にとってビタミンは13種類あります.約50年前にほとんど出そろいました.その後の研究は続いていますが,なかなか新しいビタミンは見つかりません.

水溶性ビタミンと脂溶性ビタミン

ビタミンを大きく分けると水溶性と脂溶性があります.水溶性というのは水に溶けるということ.脂溶性というのは脂に溶けるという事です.

そして水と脂(油)は混ざらないという事は知っていると思います.また,身体の大部分が水分であるという事も知っていると思います.でも,身体が全て水溶性だとしたら,身体は水に溶けてしまいます.つまり,お風呂に入ると溶けてしまいます.そんなことはありません.身体の構成要素には水に溶けない部分があります.

脂溶性ビタミン

ここで,もう少し考えて見ましょう.身体の中のどの部分に脂があるのかを考えます.すると脂溶性ビタミンがどこでどんな働きをしているのかに興味が湧きませんか?脂溶性ビタミンはA, D, E, Kの4種類です.

ビタミンA

A1(レチノール, レチナール, レチノイン酸)
A2(A1の3-デヒドロ体)

成長,生殖機能維持,上皮細胞の正常化に関係します.
視覚に関与します.

ビタミンD

D2(エルゴカルシフェロール)
D3(コレカルシフェロール)

腸管からのカルシウムとリンの吸収を促進し,骨の再構築を調整します.

ビタミンE

トコフェロール (αトコフェロール,βトコフェロール,γトコフェロール,δトコフェロール)
トコトリエノール

脂質の連鎖的酸化を阻止します(抗酸化物質).
作用後のビタミンEはビタミンCで再生されます.
結果として,細胞を柔軟化し,筋肉の緊張を和らげ,末端の血液循環を良くします.

スポンサード リンク

ビタミンK

K1(フィロキノン)
K2(メナキノン)
K3(メナジオン)

タンパク質の活性化に必須で,動物体内で血液の凝固や組織の石灰化に関わっています.

水溶性ビタミン

水溶性で炭水化物をエネルギーに変える役割をもつビタミンをBとしましたのでBの種類が多いです.一般的に生命体の化学反応多くが水溶液の中で起こっています.このことは重要な事実です.

さて,ビタミンはBは8種類あります.ビタミンCと合わせて9種類の水溶性ビタミンを見てみましょう.

ビタミンB1

チアミン

糖の代謝を行うための補酵素として働きます.

ビタミンB2 (ビタミンG)

リボフラビン

三大栄養素の補酵素として働きます.
脂質の代謝に関わります.
皮脂の分泌を調節する作用があります.

ビタミンB3 (ビタミンPP)

ニコチン酸
ニコチン酸アミド

循環系,消化系,神経系の働きを促進します.

ビタミンB5

パントテン酸

脂質の代謝に不可欠です.
タンパク質と炭水化物の代謝を促進します.

ビタミンB6

ピリドキサール
ピリドキサミン
ピリドキシン

タンパク質がアミノ酸に分解する過程にかかわる補酵素です.
ヘモグロビンの合成に必要な酵素の補酵素です.
細胞の新陳代謝を促進します.

ビタミンB7(ビタミンBw,ビタミンH)

ビオチン

アミノ酸や脂肪酸の代謝に関与しています.
腸内細菌によってつくることができます.

ビタミンB9(ビタミンBc,ビタミンM)

葉酸

DNAの生合成に必要です.
欠乏すると多量のDNAを必要とする,細胞分裂の盛んな造血器官等の機能に影響を与えます.

ビタミンB12

シアノコバラミン
ヒドロキソコバラミン

赤色の物質です.ビタミンB9を再生させます.
DNA合成と調整をします.
脂肪酸の合成とエネルギー生産に関与しています.

ビタミンC

アスコルビン酸

抗酸化作用が様々な用途で働きます.
酸化されたビタミンEを元に戻します.
コラーゲンの生成を促進します.

以上が各ビタミンの物質名と作用です.一つのビタミン名にいくつもの物質があることがおわかりになりましたでしょうか?実際は中間の生成物などの類似の物質がわずかに作用しているものなどを加えるともっとビタミン物質があるのですが,省略しました.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-自然 科学 技術
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

大気汚染

ゼンソク気味の症状発生 黄砂? PM2.5? 花粉症?それとも

数週間前まで苦しんでいた花粉症の症状もほぼ治まり,四月末頃には目薬,点鼻薬も持ち歩かなくても大丈夫くらいのところまで気にならなくなっていました.ところが1-2日前から鼻水,ゼンソク症状がでてきましたの …

4月11日はメートル法公布記念日

1921年(大正10年)4月11日,改正「度量衡法」が公布されました,従来のの尺貫法の併用から,メートル法のみに一本化することが定められました. ところが,強い反対運動がおこり,施行は無期延期となりま …

ダイアモンド

ダイアモンド diamondは炭素 (C) の同素体の1つです.同素体 allotrope,allotropismと言うのは,同一元素の単体で結晶構造や結合様式の関係が異なる物質同士の関係を言います. …

ナイロンの開発

1935年の2月27日(今日),アメリカのデュポン社が6,6-ナイロンを開発しました.ナイロン世界初の合成繊維で,ウォーレス・カロザース Wallace Hume Carothersが高分子を重合して …

面白くて眠れなくなる植物学 稲垣栄洋著 を読んで

今読んでいる本のなかで,「面白くて眠れなくなる植物学」 稲垣栄洋著はわかり易く,興味深い内容が多いので,ご紹介します. スポンサード リンク 本書は植物学のなかで話題性のあるものを取り上げてわかり易く …