山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第11週の花 モモ

投稿日:

モモはバラ科モモ属の植物です.

桃という文字は「木」ヘンに「兆」ですが,「兆」の字は基本的に左右対称に二つに割れる様子を表しています.

桃の果実をよく見れば左右に割れていますし,種もそうなっています.木そのものも割れやすいので,この特徴がそのまま桃木を表すの漢字となったと考えられます.

では日本語の音の「もも」がどこからきているかと言うと,百(もも),真美(まみ),燃実(もえみ),毛毛(もも),毛実(もみ)などが考えられます.

それぞれの意味は,一つ一つよくみれば想像できることとと思いますので,ここでは説明は省略します.

スポンサード リンク

参考

モモのデータ

目:バラ目 Rosales
科:バラ科 Rosaceae
亜科:モモ亜科 Amygdaloideae
属:モモ属 Amygdalus
種:モモ A. persica
学名:Amygdalus persica L.
シノニム:Prunus persica (L.) Batsch

和名:モモ
英名:Peach

今日はこれまで.

スポンサード リンク

-花草木

執筆者:

関連記事

第19週の花草木 ハルジオン 春紫苑

ハルジオンが咲いています.子供の頃からどこにでもある雑草として,タンポポの次になじみ深い花です. 別に紫苑(シオン)という秋に咲く紫色の花があります.それに似た花が春に咲くのでハルジオンと名前が付きま …

第31週の花草木 ガマ

ガマと言えばガマの穂が頭に浮かびます.昔はたくさんありましたが,あちこちにあった沼や用水路が宅地化されたり,暗渠になったりしてほとんど見かけなくなりました. スポンサード リンク 「かまぼこ」の語源で …

第12週の花 菜の花 アブラナ,セイヨウアブラナ

菜の花は主にアブラナ,またはセイヨウアブラナのことを指します. アブラナ(油菜)は文字通り菜種油を採るために栽培されてきました. 現在咲いているのはセイヨウアブラナ(西洋油菜,学名:B. napus) …

第40週の花草木 セイバンモロコシ

スポンサード リンク 先日,土手沿いに歩いて,今一番多い雑草はどれか見てみると,セイバンモロコシとエノコログサ,メヒシバが目立っていました. 今日はセイバンモロコシを見ていきます.日本には1945年頃 …

第39週の花草木 オトコエシ

スポンサード リンク オトコエシ (男郎花)はオミナエシ(女郎花)に対するものとしてその名前が付いています.オミナエシによく似ていますが,花の色は白いです. スポンサード リンク