山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

本 読書

本の紹介: 大江戸 武士の作法

投稿日:2019-04-11 更新日:

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します.

江戸時代は時代劇で馴染み深いものですが,実は事実と異なる部分が多くみられます.

時代の大きな切り替わり時には前の時代は否定されるのが常で,システムの価値ある部分は意図的に軽視され,問題点のみがクローズアップされ勝ちです.

本書は江戸時代を知る入門書として最適で,その仕組みがわかり易く説明されています.社会の仕組みは当時としては緻密に最適化されていることが良く理解できます.

書名: 大江戸 武士の作法

著者: 小和田哲男

出版社: 株式会社 G.B.

非常に優れて隙の無い完璧に近い社会システムも,さすがに260年間以上(1603-1868)も同じ構造を保ち続けると,部分的な修正だけでは環境に適応できなくなりました.

スポンサード リンク

環境の大きな変化で生まれてくる,新しい思想や動向に対応できなくなります.

それでも,本書を読むと,江戸時代のすごさが良くわかります.

ところで,P63のイラストで主君の刀の持ち方の悪い例(柄を上にして持つ)が示されているのに,P119のイラストでは将軍の御側御用取次がその悪い例の持ち方で後ろに控えているのは,編集ミスでしょうかね?

参考

「戦国 戦の作法」

本書も小和田氏の監修によるもので,機会を見つけて読んでみたいと思います.

今日はこれまで.


本ブログは自分用の備忘録として利用し,リソースのURLを個人のメモとしてブログに記録しています.
事情により該当リソースが消滅している場合もあります.

  • 本ブログ内容に問題があると考えられる方は,ご連絡ください.
  • If you have any problems, please let us know.

スポンサード リンク

-本 読書

執筆者:

関連記事

本の紹介: 今日から使える 物理数学

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. 本書は冒頭に「実は,この本は「物理数学」の廉価版なのです」とあります.本書はブルーバックスで1300円と安価ですが,良く書かれています. ざっと,読み進 …

本の紹介: 桜の雑学事典

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. 書名:桜の雑学事典 著者:井筒清次 出版社:日本実業出版社 スポンサード リンク 良書です.桜のシーズンには片脇に置いておきたい一書です.本書は完成度が …

本の紹介: 99.9%は仮説 思い込みで判断しないための考え方

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. 書名:99.9%は仮説 思い込みで判断しないための考え方 著者:竹内薫 出版社:光文社新書 科学の基本は「世の中,ぜんぶ仮説にすぎない」という事を,飛行 …

本の紹介: 「科学にすがるな!」(1)

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. 書名:「科学にすがるな!」 著者: 佐藤文隆 艸場(くさば)よしみ 出版社:岩波書店 本書は著者の艸場氏が,「死ぬ,生きるの意味」を宇宙科学の最前線を切 …

本の紹介:「科学にすがるな!」,その後の関連読書

佐藤文隆氏の「科学にすがるな!」を読んだ後,佐藤ワールドをよりよく理解するために以下の著作を読みました. 「科学者には世界がこう見える」 佐藤文隆著 「科学者,あたりまえを疑う」 佐藤文隆著 「歴史の …