山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般 自然 科学 技術

赤味噌と白味噌のつくり方の違いで色の違いができる理由

投稿日:2017-06-24 更新日:

みそ

前回は味噌の種類は大きく分けて3種類+調合味噌があることと赤味噌,白味噌の違いは蒸す(赤)と煮る(白)の違いであることを見てきました.今回はなぜ色の違いができるのかについて詳しく見ていきます.

スポンサード リンク

原料は大豆ですから色は薄黄色です.それが赤味噌の場合赤くなります.この色はタンパク質と糖分が反応してできたメラノイジンという褐色の色素によるものです.この反応をメイラード反応(Maillard reaction)といいます.

この化学反応はフランスの科学者ルイ・カミーユ・メヤール(Louis Camille Maillard)によって研究されました.タンパク質を含む食品の着色,香りの生成,抗酸化性成分の生成等の反応です.加熱によって急速に反応が進みますが,常温でも進みます.

食べ物を焼いた時色がきつね色になったりアメ色になったりして良い香りがしてくるのはこの反応によるものです.

スポンサード リンク

身近な例では,パンやご飯の褐色化,肉を焼くきの褐色化,コーヒー豆の焙煎での褐色化などがあります.

赤味噌と白味噌

赤味噌の場合この反応が起こっています.豆を高温で長時間蒸すことによりタンパク質が熱変性して酵素による分解が促進されやすくなります.製造中の温度が高く(夏場など)発酵熟成期間が長い程,反応が進み褐色が濃くなります.

一般に赤味噌は熟成期間が長いので保存の為に塩分濃度が高めになっています.つまり塩辛くてメラノイジンによるコクがあります.例外的に江戸甘味噌は赤味噌でも高温で超短期間に熟成させますので塩分も少な目で甘いです.

一方,白味噌の場合は豆を煮ることで豆の糖分やタンパク質などの水溶性成分が流出します.また発酵,熟成期間も短いためメラノイジンが少なく色が淡くなります.

蒸すのと煮るのの違いと発酵,熟成期間の長さの違いでメラノイジン量の違いができ,赤味噌と白味噌の違いができるわけです.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般, 自然 科学 技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

暦

3月は弥生(やよい),旧暦と和風月名について

スポンサード リンク 約150年前まで使われていた旧暦と呼ばれる太陰太陽暦(天保暦1844-1872)では3月を弥生(やよい)と呼んでいました.これを「和風月名」と言います. 生活が自然と密着していた …

サーバーのPHP 7.1へのアップデートによるワードプレスのウェブサイトトラブルと対処メモ:2017年10月29日

以下,参考の為,本日起きたサーバーアップデートに伴うトラブルの顛末を記録しておきます. トラブルの状況 2017年10月29日 1. コアサーバー システム増強,サーバー移行後の状態 2. PHP5. …

ベンチ

散歩のまとめ

スポンサード リンク 過去の散歩関連記事をまとめます.ここで散歩とはウオーキングやジョッギングなども含めた野外で楽しみながら移動することを指しています. 散歩の記事は3月11日から8月7日までの期間に …

敬老の日

9月第三月曜日は敬老の日

スポンサード リンク 以前は9月15日が敬老の日でした.連休をつくる目的で第三月曜日になったのは2003年(H15)からです. 「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し,長寿を祝う」という趣旨で国 …

本を読むとき全てを読んで理解すべきでない理由

スポンサード リンク 先日,速読の本をを数冊読んで,タイトルにあることを理解しました.せっかく買った本だから全てを吸収してやろうという「ケチケチな気持ち」では大切な時間と集中力を無駄に使う事になり,大 …