山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第27週の花 アガパンサス(ムラサキクンシラン)

投稿日:2017-07-02 更新日:

アガパンサス

アガパンサス

夏の花火の季節に庭先や公園でまるで花火の様に薄紫色の花を咲かせているのがアガパンサスという花です.アガパンサスとはちょっと変わった名前ですが,ギリシャ語でagape(愛)とanthos(花)を合わせてできた名前でそのまま訳すと愛花となります.

花言葉はlove letter(ラブレター),恋の訪れ,知的な装い」
です.

スポンサード リンク

アガパンサスのことを日本では君子蘭に似ていることからムラサキクンシランと呼ぶようになりました.ただし,クンシラン属(Clivia)クンシランとは違う分類に所属します.
アガパンサスは南アフリカ原産の単子葉植物ですが,分類方法の変遷により様々なグループに分類されてきました.

各分類体系別アガパンサスの所属

新エングラー体系(modified Engler system):

ヒガンバナ科

1953年及び1964年にハンス・メルヒオール(Hans Melchior)らが提唱した植物の分類体系.形態的な仮説を根拠に演繹的に分類して構築されたエングラー体系が原型です.1968年頃から新エングラー体系が日本に導入され広まりました.

クロンキスト体系 (Cronquist system):

ユリ科

スポンサード リンク

1980年代末にアーサー・クロンキスト(Arthur Cronquist)が提唱した被子植物の分類体系.形態的な仮説を根拠に演繹的に分類して構築されました.

APG II (Angiosperm Phylogeny Group system) :

キジカクシ目,アガパンサス科(ネギ科,ヒガンバナ科の姉妹群)

2003年に発表されたAPG植物分類体系の第2版.
APG植物分類体系とは1998年に公表された被子植物の分類体系.ゲノム解析から実証的に分類して構築された体系.

APG III(Angiosperm Phylogeny Group system):

アガパンサス亜科,ヒガンバナ科

2009年に公表されたAPG植物分類体系の第3版.所属不明とされていた科・属の多くについて所属が確定し整備されました.
* AGPwebsite: http://www.mobot.org/MOBOT/Research/APweb/

アガパンサスのデータ

目:キジカクシ目 Asparagales
科:ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
アガパンサス亜科 Agapanthaceae
属:アガパンサス属 Agapanthus
学名: Agapanthus africanus(L.)Hoffmanns.
英名: African lily
別名:ムラサキクンシラン(紫君子蘭),アガパンツス,アガパンサス アフリカヌス

原産地:南アフリカ
開花時期:6月-9月
花色:紫,白,青、ピンクなど。

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

第21週の花草木 アザミ

先日の利根川サイクリング中にアザミが咲いていましたので,今週はアザミを取り上げます. アザミは実はアザミ属(Cersium)の総称で,アザミという名の植物はありません.日本には100種類以上のアザミが …

ランタナ

第41週の花 ランタナ 七変化(しちへんげ)

スポンサード リンク ランタナは6月頃から咲いていて,いつ週の花として取り上げるか迷っているうちにとうとう長い開花期も終わろうとしています.この花は一見アジサイかと思いますが,花の色が黄色,オレンジ, …

第46週の花 サザンカ(山茶花)とカンツバキ(寒椿)

「さざんかさざんか 咲いた道 たき火だ たき火だ 落葉たき」の歌でみんな知ってるサザンカは北風がぴいぷう吹いて,たき火の季節に咲きます. スポンサード リンク 最近ではたき火は見かけなくなりましたが, …

くちなし

第26週の花 クチナシ

スポンサード リンク 「くちなしの花の 花のかおりが…」と歌にまであるくらい香りの良い花です.散歩していると目で見つけるより香りの方が先に気が付くくらい遠くまで良い香りを周囲に漂わせていま …

第30週の花 ヒマワリとゴッホの絵

ひまわり 12本挿し ヒマワリと言えば,ゴッホのひまわりを思い浮かべる人が多いでしょう.ところでゴッホのひまわりはいくつあるかご存知ですか? スポンサード リンク 全部で11点あると言われています.そ …