山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

自然 科学 技術

美しい脳図鑑 篠浦伸禎監修 木村泰子著を読んで

投稿日:2017-07-05 更新日:

考える人

本書はカラーのイラスト満載で眺めるだけでも面白い本です.脳そのものの説明から始まって人の生活と脳のかかわりまで丁寧に解説してあります.イラストも分かりやすい様に工夫されています.

脳についていろいろ知っていた情報が本書に総括されているので手元に置いておくのに手ごろな良書です.

スポンサード リンク

そもそも脳について本を読んでいる「自分」は自分の脳が読んでいるわけですから,不思議なことです.自分の考えや感情,記憶やイメージも全て脳内の化学反応だし,今キーボードを叩いている指も脳からの指令でやっているわけです.

人は生まれた時から死ぬ瞬間まで全てを脳内で処理しているのですから,自分にとって世界そのものなわけです.でも,日頃脳の存在を意識していません.脳の延長が「自分」であり,自分を通して世界につながっているのです.

スポンサード リンク

この原理をよく考えて見れば,考えるということはどういうことなのか?喜んだり,悲しんだり,怒ったりしているのはどういうことなのか?昔の記憶とは何なのか?などを今までとは別な観点から見ることができます.

脳のことを「知らず」に,あるいは脳のことを「考慮」せずに「考える」というのは砂上に楼閣を建てるのと同じくらい虚しいことの様に思えてきます.

今こういうことを書いている「自分」が実は脳の中での化学反応だとすると,いったいどうなっているのでしょう.混乱してめまいがします.— これも脳の反応です.

わからなくなりました.

わからなくなったら,一旦原点に戻るために,本書のカラーイラストをじっくりと眺めてみます.手元に置いておいくのに手ごろな一冊です.

笠倉出版社 万物図鑑シリーズ 美しい脳図鑑 篠浦伸禎監修 木村泰子著

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-自然 科学 技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2018年7月の天体ショー 火星大接近と皆既月食

今,火星が地球に近づいてきています.2018年7月31日がもっとも近づき,地球から5,759万キロメートルとなります.この時の火星はマイナス2.8等の明るさとなります. 夜21時頃,南東の空低めのとこ …

メシエカタログとNGCカタログ

昨日,昴はM45で,これはメシエカタログの45番目だという事を説明しました.今日はメシエカタログをもう少し詳しく見ていきましょう. メシエカタログ(Catalogue de Messier) シャルル …

錠剤

ビタミン様物質とは何でしょうか?

スポンサード リンク 時々聞きなれないビタミン名が登場します.ビタミンFとかビタミンP,あるいはビタミンUなどなど...これらはビタミンと付くけれど実はビタミンではありません.ビタミン様物質と呼ばれて …

古地図コレクション(国土地理院)より

伊能忠敬と大日本沿海輿地全図( だいにほんえんかいよちぜんず)

スポンサード リンク 先日の十三里の話で,伊能忠敬の地図の話がでましたが,江戸時代に今までにない正確さで日本全図を製作した伊能忠敬は50歳で佐原の名主を隠居し,まさに五十の手習いの文字通り暦学,天文学 …

四つ葉

春になるとシロツメクサの花が咲き始め秋まで順に咲き続けます.四つ葉のクローバーの話

スポンサード リンク 春になると野山のあちらこちらにシロツメクサが白い花をつけ始めます.群生している三つ葉の中から四つ葉を見つけ出すと幸せが訪れるというのはみんな知っていると思います.三つ葉の群れを見 …