山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第29週の花 キョウチクトウ

投稿日:2017-07-16 更新日:

キョウチクトウ 花

キョウチクトウの花が咲いています.キョウチクトウは夾竹桃と漢字で書きます.これは葉が竹に,花が桃に似ているところからこの名がついています.ちなみに夾の文字は両側から挟むとか間にまじるの意味があります.この木の中に竹と桃が雑じっているということでしょうか.

キョウチクトウは乾燥や大気汚染に強く都市部でも育つので街路樹や公園などでよく見かけます.厳しい都市環境でも良く育つ木なのであちらこちらに植えられています.

キョウチクトウ

また他毒性が強いので花粉媒介の昆虫や小動物が寄り付かず,受粉しにくい為,日本では果実や種子はまれにしかできません.

その為,挿し木で増やします.都市部でも良く育ち,虫がつかないので好まれます.唯一つく虫としてはキョウチクトウアブラムシとシロマダラノメイ蛾,キョウチクトウスズメ蛾の幼虫くらいです.

スポンサード リンク
スポンサード リンク

毒性

経口毒性(食べると中毒)があり人や動物に対して強い毒性があります.花,葉,枝,根,果実すべてと周辺の土壌にも毒性があります.燃した煙も危険です.腐葉土にしても1年間は毒性が残ります.

中毒の症状としては,嘔吐,四肢脱力,倦怠感,下痢,非回転性めまい,腹痛などが起きます.

キョウチクトウにはオレアンドリン(oleandrin:C32 H48 O9)という毒性物質があります.オレアンドリンの致死量は約0.3mg/kgで,60kgの体重の人だと18mgで死にます.青酸カリ(KCN)の致死量は約3㎎(60㎏の体重で200㎎)ですから10倍の毒性があります.

キョウチクトウのデータ

目 : リンドウ目 Gentianales
科 : キョウチクトウ科 Apocynaceae
亜科: キョウチクトウ亜科 Apocynoideae
連 : Nerieae
属 : キョウチクトウ属 Nerium
種 : セイヨウキョウチクトウ N. oleander
亜種: キョウチクトウ N. o. var. indicum
学名: Nerium oleander L. var. indicum (Mill.) O.Deg. et Greenwell
別名: Nerium indicum Mill.
和名: キョウチクトウ(夾竹桃)
英名: oleander

形態: 常緑低木 3-5メートル
原産: インド原産,中国経由で江戸時代中期に伝来しました.
開花: 6月から9月.五弁で先端がスクリュー状に曲がっています.ピンク,黄色,白など多数の園芸品種があります.八重咲き種もあります.
花言葉: 用心,危険
季語: 夏
語源: Neriumはギリシャ語のneros(湿った)湿地によく育つ植物なので.
indicumはインドのという意味でインド原産の植物です.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

第46週の花 サザンカ(山茶花)とカンツバキ(寒椿)

「さざんかさざんか 咲いた道 たき火だ たき火だ 落葉たき」の歌でみんな知ってるサザンカは北風がぴいぷう吹いて,たき火の季節に咲きます. スポンサード リンク 最近ではたき火は見かけなくなりましたが, …

第38週の花草木 オミナエシ

スポンサード リンク オミナエシ(女郎花)は秋の七草の一つで,チメグサ,敗醤(はいしょう)とも呼ばれます. 日当たりの良い草地に生えています.万葉の昔から愛好されてきて,前栽・切花などにも用いられてき …

ハス

第32週の花 ハス(蓮)

スポンサード リンク 7月,8月は暑い中ハスの花が水上に美しく咲いています.花と不釣り合いな大きな葉は水面を覆います.太陽の光を浴びて育った地下茎はレンコンとして美味しくいただけます.私には,美しい花 …

ハイビスカス

第33週の花 ハイビスカスとブッソウゲ

スポンサード リンク 家の鉢植えでハイビスカスが何度か咲きました.赤く大きな花が咲き,夜にしぼみ,間もなく落ちて,次の花が咲きました. ハイビスカスは日本では熱帯および亜熱帯の種をハイビスカスと呼んで …

ひまわり

ヒマワリの花は本当に回るのでしょうか?

スポンサード リンク 昨日は第30週の花でゴッホのひまわりをお話ししました.今日はヒマワリの花そのものについてのお話です. ヒマワリは真夏の代表的な花です.真夏の暑い日,青空下で堂々と黄色い大輪の花を …