山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

本 読書

世界天才紀行 The Geography of Genius: A Search for the World’s Most Creative Places from Ancient Athens to Silicon Valley

投稿日:2019-06-15 更新日:

書名:世界天才紀行

著者:エリック・ワイナー

出版社:早川書房

歴史の中で突然出現する天才.天才が生まれる条件が偶然に整うと,自然発生するが,間もなく跡形も残さず消えていく.

著者はアテネ,杭州う,フィレンツェ,エディンバラなど天才が活躍した場所に訪問し,空想を働かせてその時代にタイムスリップする.

スポンサード リンク

含蓄ある会話が続くので,読み始めて数か月経つのに,まだ3章までしか進んでいない.本当は8章のシリコンバレーを読みたかっただけなのに,本書の世界にハマってしまった.

翻訳書だけれど,翻訳するの大変だったと思う.部分的に日本語として理解できないところがあった.

参考

エリック・ワイナー

アメリカのジャーナリスト.『ニューヨーク・タイムズ』の記者を経て,NPR(全米公共ラジオ)の特派員としてニューデリー,エルサレム,東京などに暮らし,30カ国以上で取材した経験を持つ.妻,娘とワシントンDCに在住

今日はこれまで.


スポンサード リンク

-本 読書

執筆者:

関連記事

本の紹介: 今日から使える 物理数学

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. 本書は冒頭に「実は,この本は「物理数学」の廉価版なのです」とあります.本書はブルーバックスで1300円と安価ですが,良く書かれています. ざっと,読み進 …

本を読むとき全てを読んで理解すべきでない理由

スポンサード リンク 先日,速読の本をを数冊読んで,タイトルにあることを理解しました.せっかく買った本だから全てを吸収してやろうという「ケチケチな気持ち」では大切な時間と集中力を無駄に使う事になり,大 …

本の紹介: ひらめきはどこから来るのか

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. 書名:ひらめきはどこから来るのか 著者:吉永吉正 出版社:草思社 序章 「考える」とは何か 第一章 ひらめきの見つけ方 第二章 考え続ける技術 第三章 …

今,読書中の本: アドラー心理学を深く知る29のキーワード

今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:アドラー心理学を深く知る29のキーワード 著者:梶野真 出版社:祥伝社 良書です. 本書は,ここ数年日本でも人気を集めてきたアドラ …

夏目漱石 二百十日 橋爪功

夏目漱石 二百十日 橋爪功 二百十日 「漱石は,熊本での教師時代に,友人ので同僚の山川信次郎とともに阿蘇に登山した経験がある.1899年8月29日から9月2日にかけ阿蘇各地をめぐり,その中で9月1日に …