山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

本 読書

世界天才紀行 The Geography of Genius: A Search for the World’s Most Creative Places from Ancient Athens to Silicon Valley

投稿日:2019-06-15 更新日:

書名:世界天才紀行

著者:エリック・ワイナー

出版社:早川書房

歴史の中で突然出現する天才.天才が生まれる条件が偶然に整うと,自然発生するが,間もなく跡形も残さず消えていく.

著者はアテネ,杭州う,フィレンツェ,エディンバラなど天才が活躍した場所に訪問し,空想を働かせてその時代にタイムスリップする.

スポンサード リンク

含蓄ある会話が続くので,読み始めて数か月経つのに,まだ3章までしか進んでいない.本当は8章のシリコンバレーを読みたかっただけなのに,本書の世界にハマってしまった.

翻訳書だけれど,翻訳するの大変だったと思う.部分的に日本語として理解できないところがあった.

参考

エリック・ワイナー

アメリカのジャーナリスト.『ニューヨーク・タイムズ』の記者を経て,NPR(全米公共ラジオ)の特派員としてニューデリー,エルサレム,東京などに暮らし,30カ国以上で取材した経験を持つ.妻,娘とワシントンDCに在住

今日はこれまで.


スポンサード リンク

-本 読書

執筆者:

関連記事

本の紹介: 桜の雑学事典

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. 書名:桜の雑学事典 著者:井筒清次 出版社:日本実業出版社 スポンサード リンク 良書です.桜のシーズンには片脇に置いておきたい一書です.本書は完成度が …

本の紹介: 上達の原則

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. 現代は技術と社会が急激に変化している最中なので,多くのことを学び,新しいことに対応していくことが要求される時代です. 本書は上達するための原則を様々な視 …

本の紹介: もたない男 中崎タツヤ著

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. 最近読んで面白かった本です. 「もてない男」では無く,物を極力「もたない男」です.1955年生まれの漫画家で,いつも何か捨てるものはないか,探し回ってい …

今,読書中の本: ぼくのとなりの野草 上野邦雄著

今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:ぼくのとなりの野草 著者: 上野邦雄 出版社:青山ライフ出版,星雲社 スポンサード リンク 良書です.本書は身近な野草について27 …

今,読書中の本: 脳をつくる読書 なぜ「紙の本」が人にとって必要なのか

今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:脳をつくる読書 なぜ「紙の本」が人にとって必要なのか 著者:酒井邦嘉 出版社:実業之日本社 スポンサード リンク 良書です.昨日の …