山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

暦 季節 カレンダー 出来事

七十二候 梅子黄(うめのみきばむ)

投稿日:

芒種 末候 6月16日(日)-6月21日(金) 梅子黄(うめのみきばむ)

ウメの収穫量 県別番付

  1. 和歌山県:71,400t
  2. 群馬県:5,400t
  3. 奈良県:2,750t
  4. 長野県:2,190t
  5. 三重県:1,870t

和歌山県がダントツに多いですね.

ウメ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%A1

参考

二十四節気(にじゅうしせっき) 七十二候(しちじゅうにこう)

二十四節気(にじゅうしせっき)

小寒,大寒,春分など1年を24分割して,それぞれに名前をつけています.
1年は12カ月なので,24分割すると,1節気は半月(2週)間となります.

七十二候(しちじゅうにこう)

二十四節気を「初候」,「次候」,「末候」の3つに分けたものが七十二候です(24x3=72).
.一侯は約5日(365÷72≒5.1)となります.

江戸時代の天文暦学者 渋川春海 が古代中国の七十二候を日本に合うように「新制七十二候」を表しました.

スポンサード リンク

四立(しりゅう)

「立」のつく立春・立夏・立秋・立冬は四立といいます.
この日が各四季の始まりです.

二至二分(にしにぶん)

「至」のつく夏至・冬至,「分」のつく春分・秋分を合わせて二至二分といいます.
各四立の中間点です.

八節(はっせつ)

四立と二至二分を合わせて「八節」といいます.1年にある8つの節目です.
1年を8つに分けるということは,各四季を前半と後半に分けることになります.

四立で各季節が始まり,二至二分で前半と後半に分けられます

1年を八分割するので,各四季が前半と後半に分けられます.

1_春前半: 立春 から 春分まで

2_春後半: 春分 から 立夏の前日まで

3_夏前半: 立夏 から 夏至まで

4_夏後半: 夏至 から立秋 の前日まで

5_秋前半: 立秋 から 秋分まで

6_秋後半: 秋分 から 立冬の前日まで

7_冬前半: 立冬 から 冬至まで

8_冬後半: 冬至 から の前日まで

八節を3分割して二十四節気

八節の1節をさらに3分割すると二十四節気となります.

1_春前半: 「1立春」 +2雨水 +3啓蟄

2_春後半: 「4春分」 +5清明 +6穀雨

3_夏前半: 「7立夏」 +8小満 +9芒種

4_夏後半: 「10夏至」 +11小暑 +12大暑

5_秋前半: 「13立秋」 +14処暑 +15白露

6_秋後半: 「16秋分」 +17寒露 +18霜降

7_冬前半: 「19立冬」 +20小雪 +21大雪

8_冬後半: 「22冬至」 +23小寒 +24大寒

太陽黄経と二十四節気の関係

1_春前半

315° 1立春
330° 2雨水
345° 3啓蟄

2_春後半

0° 4春分
15° 5清明
30° 6穀雨

3_夏前半

45° 7立夏
60° 8小満
75° 9芒種

4_夏後半

90° 10夏至
105° 11小暑
120° 12大暑

5_秋前半

135° 13立秋
150° 14処暑
165° 15白露

6_秋後半

180° 16秋分
195° 17寒露
210° 18霜降

7_冬前半

225° 19立冬
240° 20小雪
255° 21大雪

8_冬後半

270° 22冬至
285° 23小寒
300° 24大寒

少しわかりにくいですが,眺めているとだんだんわかってくると思います.

今日はこれまで.


  1. 内容が優れていると思うURLを個人のreview用として記載しています.
  2. 事情によりリンクが切れている場合もあります.
  3. 本ブログ内容に問題があると考える当事者の方はご連絡ください.

スポンサード リンク

-暦 季節 カレンダー 出来事

執筆者:

関連記事

2019年6月27日 七十二候 菖蒲華(あやめはなさく)

夏至 次候 6月27日(木)-7月1日(月) 菖蒲華(あやめはなさく) 七十二候でははなさくとありますが,アヤメかショウブなら5月頃,ハナショウブ,カキツバタなら6月頃だと思うのですが,江戸時代は違う …

2018年8月7日は立秋です.太陽黄経135度

今日,2018年8月7日は立秋です. 関東は台風13号の接近を控え,下り坂の天気です.急に涼しくなりました. [京都二十四節気] 立秋 スポンサード リンク [美しき日本] 吉野高野熊野の国 熊野古道 …

2019年8月8日 二十四節気 立秋 (りっしゅう) 太陽黄経 135 度

初めて秋の気立つがゆへなれば也(暦便覧) この日から立冬の前日までが秋. 一年で一番暑い頃であるが,一番暑いと言うことはあとは涼しくなるばかり. —- 暑くても,こういうポジティブな考え方 …

2019年10月18日 二十四節気 寒露 (かんろ) 太陽黄経 195度

陰寒の気に合って,露むすび凝らんとすれば也(暦便覧) 冷たい露の結ぶ頃.秋もいよいよ本番. 菊の花が咲き始め,山の木々の葉は紅葉の準備に入ります. 稲刈りもそろそろ終わる時期です. 参考 二十四節気( …

七五三と千歳飴

今日11月15日は七五三です.7歳,5歳,3歳の子どもの成長を祝う行事です.起源は天和元年11月15日(1681年12月24日)に館林城主である徳川徳松(5代将軍 徳川綱吉の長男)の健康を祈って始まり …