山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

暦 季節 カレンダー 出来事

6月20日は国際日系デー

投稿日:

昨年,2018年開催の第59回海外日系人大会で制定された記念日です.

今から151年前の1868年6月20日,最初の日本発移民がハワイに到着した日です.

また,6月18日は「海外移住の日」です.1966年に総理府(現内閣府)が制定しました.

これは,1908年,第一回ブラジル移民船笠戸丸がサントス港に到着した日に因んでいます.

当時日本の人口は,
151年前の1868年で3,000万人強
111年前の1908年でも5,000万人弱です.

それでも国土に対する人口が多く,食べていけないので海外へ移民していました

現在の日本の人口は,
2-3倍の1億3千万人弱.一億人近く増えているのに,しかも産業化,自動化しているのに人手不足で海外からの移住を求めています.

いったいどうしたことでしょうか?不思議ですね.

スポンサード リンク

日本の国土は同じか,むしろ小さくなっているのに,少子化で国が滅びるとまで言う人がいます.100年前は人が多すぎて,海外に移民していったのに.

戦前は満州は生命線と言われ,失えば国が滅びると言うことで戦争に突入しました.

戦後に満州も朝鮮半島も,台湾も樺太も失った現在の方が豊かなのはどうしてなのでしょうか?

温暖化問題,資源の枯渇問題,エネルギー問題,プラスチック汚染,リサイクルなどの問題が盛んに議論されていますが,何か大事なことを見逃しているような気がします.

価値の基準が変われば結果の評価も変わってしまいます.

人は都合の良い理屈を持ってきて議論しますが,真実を突き詰めるには,事実・現象を冷静に観察すべきだと思います.

参考

海外日系人協会

http://www.jadesas.or.jp/taikai/international-day.html

今日はこれまで.


  1. 内容が優れていると思うURLを個人のreview用として記載しています.
  2. 事情によりリンクが切れている場合もあります.
  3. 本ブログ内容に問題があると考える当事者の方はご連絡ください.

スポンサード リンク

-暦 季節 カレンダー 出来事

執筆者:

関連記事

2019年10月18日 二十四節気 寒露 (かんろ) 太陽黄経 195度

陰寒の気に合って,露むすび凝らんとすれば也(暦便覧) 冷たい露の結ぶ頃.秋もいよいよ本番. 菊の花が咲き始め,山の木々の葉は紅葉の準備に入ります. 稲刈りもそろそろ終わる時期です. 参考 二十四節気( …

6月10日は時の記念日

今から99年前の1920年(大正9年)5月16日から7月4日まで東京教育博物館で「時の展覧会」という催しが行われました. 東京天文台(現在の国立天文台)と文部省の外郭団体であった財団法人の生活改善同盟 …

梅雨明けはいつ,明けるのが待ち遠しい

梅雨の真っただ中ですね. からりと晴れるお日様が待ち遠しい. いつ梅雨は明けるのでしょうかね? 気象庁のデータによれば, 沖縄は6月29日梅雨が明けています.例年より6日遅いとのこと. 他の地域は以下 …

8月11日は山の日

国民の祝日に関する法律(祝日法,昭和23年法律第178号) 昭和23(1948)年7月20日 法律第178号 昭和23(1948)年7月20日 施行(附則第一項) 「春分の日」および「秋分の日」の日付 …

2019年8月13日 七十二候 寒蝉鳴(ひぐらしなく)

立秋 次候 8月13日(火)-8月17日(土) 寒蝉鳴(ひぐらしなく) 寒蝉と書いて「かんせん」と読みます.秋の末に鳴くセミと言う意味で,ヒグラシまたはツクツクボウシのことを指しています. まだ暑さの …