山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

暦 季節 カレンダー 出来事

2019年7月15日は海の日

投稿日:2019-07-15 更新日:

きょうは海の日ですが,まだ梅雨明けず,なかなか晴れません.でも,涼しいので過ごしやすいです.

海の日とは「海の恩恵に感謝するとともに,海洋国日本の繁栄を願う.」日ということになっています.

日本の排他的経済水域EEZの面積は約447万平方キロで,なんと世界第6位です.中国やインドなどは陸地面積が大きな国ですが,日本はそれよりも広い面積の海を持つ海洋国なのです.

スポンサード リンク
  1. 米国 870万㎢
  2. ロシア 790万㎢
  3. オーストラリア 750万㎢
  4. インドネシア 590万㎢
  5. カナダ 560万㎢
  6. 日本 447万㎢

国民の祝日に関する法律(祝日法,昭和23年法律第178号)

昭和23(1948)年7月20日 法律第178号
昭和23(1948)年7月20日 施行(附則第一項)
「春分の日」および「秋分の日」の日付は,前年2月1日の官報で発表される. 第1条(意義) 自由と平和を求めてやまない日本国民は,美しい風習を育てつつ,よりよき社会,より豊かな生活を築きあげるために,ここに国民こぞつて祝い,感謝し,又は記念する日を定め,これを「国民の祝日」と名づける. 第2条 「国民の祝日」を次のように定める. 元日 1月1日 年のはじめを祝う.
成人の日 1月の第2月曜日 おとなになったことを自覚し,みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます.
建国記念の日 2月11日(政令で定める日) 建国をしのび,国を愛する心を養う.
天皇誕生日 2月23日 天皇の誕生日を祝う.
春分の日 春分日 自然をたたえ,生物をいつくしむ.
昭和の日 4月29日 激動の日々を経て,復興を遂げた昭和の時代を顧み,国の将来に思いをいたす.
憲法記念日 5月3日 日本国憲法の施行を記念し,国の成長を期する.
みどりの日 5月4日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し,豊かな心をはぐくむ.
こどもの日 5月5日 こどもの人格を重んじ,こどもの幸福をはかるとともに,母に感謝する.
海の日 7月の第3月曜日 海の恩恵に感謝するとともに,海洋国日本の繁栄を願う.
山の日 8月11日 山に親しむ機会を得て,山の恩恵に感謝する.
敬老の日 9月の第3月曜日 多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し,長寿を祝う.
秋分の日 秋分日 祖先をうやまい,なくなった人々をしのぶ.
体育の日 10月の第2月曜日 スポーツにしたしみ,健康な心身をつちかう.
文化の日 11月3日 自由と平和を愛し,文化をすすめる.
勤労感謝の日 11月23日 勤労をたっとび,生産を祝い,国民たがいに感謝しあう. 第3条 1.「国民の祝日」は,休日とする.
2.「国民の祝日」が日曜日に当たるときは,その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする.
3.その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る.)は,休日とする.
以下,省略 今日はこれまで. 内容が優れていると思うURLを個人のreview用として記載しています. 事情によりリンクが切れている場合もあります. 本ブログ内容に問題があると考える当事者の方はご連絡ください.

スポンサード リンク

-暦 季節 カレンダー 出来事

執筆者:

関連記事

2019年8月13日 七十二候 寒蝉鳴(ひぐらしなく)

立秋 次候 8月13日(火)-8月17日(土) 寒蝉鳴(ひぐらしなく) 寒蝉と書いて「かんせん」と読みます.秋の末に鳴くセミと言う意味で,ヒグラシまたはツクツクボウシのことを指しています. まだ暑さの …

2019年8月8日 二十四節気 立秋 (りっしゅう) 太陽黄経 135 度

初めて秋の気立つがゆへなれば也(暦便覧) この日から立冬の前日までが秋. 一年で一番暑い頃であるが,一番暑いと言うことはあとは涼しくなるばかり. —- 暑くても,こういうポジティブな考え方 …

2019年3月26日 七十二候 桜始開(さくらはじめてひらく)

春分 次候 3月26日(火)-3月30日(土) 桜始開(さくらはじめてひらく) そろそろ桜の季節ですね. 参考 七十二候 しちじゅうにこう 二十四節気を初候,次候,末候の3つに分けたものが七十二候です …

2019年11月8日 二十四節気 立冬 (りっとう) 太陽黄経 225 度

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧) この日から立春の前日までが冬.日は短くなり時雨が降る季節. 北国や高山からは初雪の知らせも届き,関東では空っ風が吹く頃. 参考 二十四節気(にじゅうしせっ …

2018年4月20日は穀雨です.太陽黄経30度 郵政記念日でもあります

穀雨は二十四節気の第6番目です.春分-清明-穀雨-立夏と続きます.穀雨とは,穀物の成長を助ける雨のことです. 「春雨降りて百穀を生化すればなり」 [京都二十四節気] 穀雨 スポンサード リンク 穀雨の …