山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

本 読書

本の紹介: 葉っぱはなぜこんな形なのか?

投稿日:

書名: 葉っぱはなぜこんな形なのか?

著者: 林将之

出版社: 講談社

本書の副題は「植物の生きる戦略と森の生態系を考える」とあるように,

葉っぱのギザギザのある理由と無いものとの違いや葉っぱの切れ込みの理由など植物の高度な生存戦略は試行錯誤の上に出来上がっていて,人類の製造技術などより優れている面が多くあり,驚かされます.

さらに,読み進むと植物と動物の複雑な関係の話になり,生物同士が微妙な関係で成り立っていることがわかります.

「人間が自然を保護する」というのは,将棋の初心者が名人相手に一手を論じる位不遜であることがわかります.

人間は自然のことを知っているつもりでほとんど知らず,ただ理屈で推測しているに過ぎないようです.

自然は未だに壮大な実験装置で,進行過程にあるわけですから,答えは出ていないのでしょう.人間は追従しているだけです.

スポンサード リンク

著者の林氏は葉っぱをPCでスキャンして図鑑をつくっています.実は私のiPhoneにも数年前から林氏の「葉っぱ図鑑」というアプリが入っています.樹木を同定するのに重宝なアプリです.

著者の本を見つけたので読んでみました.植物をめぐる様々な話題がが密に語られています.

後日機会を見つけて再読したい本の一つです.

参考

著者のサイト

樹木鑑定サイト「このきなんのき」

http://www.ne.jp/asahi/blue/woods/

今日はこれまで.


  1. 内容が優れていると思うURLを個人のreview用として記載しています.
  2. 事情によりリンクが切れている場合もあります.
  3. 本ブログ内容に問題があると考える当事者の方はご連絡ください.

スポンサード リンク

-本 読書

執筆者:

関連記事

本の紹介: もたない男 中崎タツヤ著

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. 最近読んで面白かった本です. 「もてない男」では無く,物を極力「もたない男」です.1955年生まれの漫画家で,いつも何か捨てるものはないか,探し回ってい …

本の紹介: バベルの図書館 ホルヘ・ルイス・ボルヘス「伝奇集」より

バベルの図書館 La biblioteca de Babelという短編小説を知っていますか? ホルヘ・ルイス・ボルヘス(1899-1986)というアルゼンチン出身の作家によるものですが,奇妙なお話です …

本の紹介: 大江戸 武士の作法

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. 江戸時代は時代劇で馴染み深いものですが,実は事実と異なる部分が多くみられます. 時代の大きな切り替わり時には前の時代は否定されるのが常で,システムの価値 …

今,読書中の本: 脳をつくる読書 なぜ「紙の本」が人にとって必要なのか

今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:脳をつくる読書 なぜ「紙の本」が人にとって必要なのか 著者:酒井邦嘉 出版社:実業之日本社 スポンサード リンク 良書です.昨日の …

「エレメンタリー」と「観察力を磨く 名画読解」

シャーロックホームズを知らない人は少ないと思います.探偵ものの古典ですが,最近は現代的な形に変えて映画やドラマとして登場しています. 現在アマゾンプライムで『エレメンタリー ホームズ&ワトソン …