山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

暦 季節 カレンダー 出来事

2019年8月8日 七十二候 涼風至(すづかぜいたる)

投稿日:2019-08-07 更新日:

立秋 初候 8月8日(木)-8月12日(月) 涼風至(すづかぜいたる)

ちっとも涼しくないのですけど,暑さの中に涼風が吹けば,心地よいですね.

参考

二十四節気(にじゅうしせっき) 七十二候(しちじゅうにこう)

二十四節気(にじゅうしせっき)

小寒,大寒,春分など1年を24分割して,それぞれに名前をつけています.
1年は12カ月なので,24分割すると,1節気は半月(2週)間となります.

七十二候(しちじゅうにこう)

二十四節気を「初候」,「次候」,「末候」の3つに分けたものが七十二候です(24x3=72).
.一侯は約5日(365÷72≒5.1)となります.

江戸時代の天文暦学者 渋川春海 が古代中国の七十二候を日本に合うように「新制七十二候」を表しました.

四立(しりゅう)

「立」のつく立春・立夏・立秋・立冬は四立といいます.
この日が各四季の始まりです.

二至二分(にしにぶん)

「至」のつく夏至・冬至,「分」のつく春分・秋分を合わせて二至二分といいます.
各四立の中間点です.

八節(はっせつ)

四立と二至二分を合わせて「八節」といいます.1年にある8つの節目です.
1年を8つに分けるということは,各四季を前半と後半に分けることになります.

スポンサード リンク

四立で各季節が始まり,二至二分で前半と後半に分けられます

1年を八分割するので,各四季が前半と後半に分けられます.

1_春前半: 立春 から 春分まで

2_春後半: 春分 から 立夏の前日まで

3_夏前半: 立夏 から 夏至まで

4_夏後半: 夏至 から立秋 の前日まで

5_秋前半: 立秋 から 秋分まで

6_秋後半: 秋分 から 立冬の前日まで

7_冬前半: 立冬 から 冬至まで

8_冬後半: 冬至 から の前日まで

八節を3分割して二十四節気

八節の1節をさらに3分割すると二十四節気となります.

1_春前半: 「1立春」 +2雨水 +3啓蟄

2_春後半: 「4春分」 +5清明 +6穀雨

3_夏前半: 「7立夏」 +8小満 +9芒種

4_夏後半: 「10夏至」 +11小暑 +12大暑

5_秋前半: 「13立秋」 +14処暑 +15白露

6_秋後半: 「16秋分」 +17寒露 +18霜降

7_冬前半: 「19立冬」 +20小雪 +21大雪

8_冬後半: 「22冬至」 +23小寒 +24大寒

太陽黄経と二十四節気の関係

1_春前半

315° 1立春
330° 2雨水
345° 3啓蟄

2_春後半

0° 4春分
15° 5清明
30° 6穀雨

3_夏前半

45° 7立夏
60° 8小満
75° 9芒種

4_夏後半

90° 10夏至
105° 11小暑
120° 12大暑

5_秋前半

135° 13立秋
150° 14処暑
165° 15白露

6_秋後半

180° 16秋分
195° 17寒露
210° 18霜降

7_冬前半

225° 19立冬
240° 20小雪
255° 21大雪

8_冬後半

270° 22冬至
285° 23小寒
300° 24大寒

少しわかりにくいですが,眺めているとだんだんわかってくると思います.

今日はこれまで.


  1. 内容が優れていると思うURLを個人のreview用として記載しています.
  2. 事情によりリンクが切れている場合もあります.
  3. 本ブログ内容に問題があると考える当事者の方はご連絡ください.

スポンサード リンク

-暦 季節 カレンダー 出来事

執筆者:

関連記事

8月10日は道の日

日本中どこにもあり,毎日使っているけれど,ほとんど意識してないのが道. 今日は道の日ですので,道の「表情」を見ながら歩いてみてはいかがでしょうか? スポンサード リンク 参考 道の日 道の日(みちのひ …

今から150年前の明治元年1868年9月(新暦)の出来事

今年2018年は明治維新の1868年から150年目ということで,150年前に遡って月々の出来事を見ていきます. 1868年9月の出来事は以下の通りです. 1868年9月3日(慶応4年7月17日),江戸 …

2018年10月20日は土用です.太陽黄経207度

スポンサード リンク 今日から秋土用(10月20日-11月6日)に入ります.陰陽五行説では春・夏・秋・冬をそれぞれ木・火・金・水として,足りない土を調整の為に,立春,立夏,立秋,立冬の直前の18日間を …

2019年6月6日 七十二候 螳螂生(かまきりしょうず)

芒種 初候 6月6日(木)-6月10日(月) 螳螂生(かまきりしょうず) 最近はカマキリをほとんど見かけなくなりました. 昔々,弟がカマキリのタマゴを見つけて持ち込んで家の中に置いておいたら,ミニカマ …

2019年8月13日 七十二候 寒蝉鳴(ひぐらしなく)

立秋 次候 8月13日(火)-8月17日(土) 寒蝉鳴(ひぐらしなく) 寒蝉と書いて「かんせん」と読みます.秋の末に鳴くセミと言う意味で,ヒグラシまたはツクツクボウシのことを指しています. まだ暑さの …