山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

本 読書

夏目漱石 二百十日 橋爪功

投稿日:2019-09-27 更新日:

夏目漱石 二百十日 橋爪功

二百十日
「漱石は,熊本での教師時代に,友人ので同僚の山川信次郎とともに阿蘇に登山した経験がある.1899年8月29日から9月2日にかけ阿蘇各地をめぐり,その中で9月1日には登頂を試みたが,嵐に遭い断念した.『二百十日』はこの体験に取材しており,圭さんは漱石自身がモデルであるとされる. 」

スポンサード リンク

タイトルだけ知っていて読む機会が無かった(読む気がおきなかった)小説を音声で聴いてしまうのも良い方法かも知れません.

散歩やサイクリング中は音楽だと飽きるので,音声で未読の小説にあたるのもありかもと思いました.

二百十日

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E7%99%BE%E5%8D%81%E6%97%A5_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)

今日はこれまで.


  1. 内容が優れていると思うURLを個人のreview用として記載しています.
  2. 事情によりリンクが切れている場合もあります.
  3. 本ブログ内容に問題があると考える当事者の方はご連絡ください.

スポンサード リンク

-本 読書

執筆者:

関連記事

本の紹介: バベルの図書館 ホルヘ・ルイス・ボルヘス「伝奇集」より

バベルの図書館 La biblioteca de Babelという短編小説を知っていますか? ホルヘ・ルイス・ボルヘス(1899-1986)というアルゼンチン出身の作家によるものですが,奇妙なお話です …

世界天才紀行 The Geography of Genius: A Search for the World’s Most Creative Places from Ancient Athens to Silicon Valley

書名:世界天才紀行 著者:エリック・ワイナー 出版社:早川書房 歴史の中で突然出現する天才.天才が生まれる条件が偶然に整うと,自然発生するが,間もなく跡形も残さず消えていく. 著者はアテネ,杭州う,フ …

本の紹介: 山と溪谷と田部重治(たなべ じゅうじ)

登山好きな人たちにとって山岳雑誌「山と溪谷」は見たことが無い人はいないと思います.この出版社は山岳,アウトドア,旅行,自転車など分野を広げていますが,メインは登山だと思います. 山と渓谷と山と渓谷社 …

今,読書中の本: アイデア大全 想像力とブレイクスルーを生み出す42のツール

今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:アイデア大全 著者:読書猿 出版社:フォレスト出版 良書です.実はアイデアの出し方,ものの考え方を事典としてまとめた本は私の書棚に …

今,読書中の本: 脳をつくる読書 なぜ「紙の本」が人にとって必要なのか

今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:脳をつくる読書 なぜ「紙の本」が人にとって必要なのか 著者:酒井邦嘉 出版社:実業之日本社 スポンサード リンク 良書です.昨日の …