山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

自然 科学 技術

トウガン(冬瓜)

投稿日:2017-08-18 更新日:

トウガン

昨日トウガン(冬瓜)の食べ方を紹介しました.今日は植物としてのトウガンをみてみましょう.トウガンはウリ科のつる性一年草で雌雄同株の植物です.果実を食用します.

生産の多い県は,愛知県(27%),沖縄県(22%),岡山県(15%),神奈川県(13%)です.これら4件で77%,7,000トンです.

スポンサード リンク

冷暗所保管で冬まで日持ちすることから,冬瓜と呼んだとのことです.子供の頃田舎の納屋の隅にスイカと一緒に置いてあったのを思い出します.スイカは美味しいのに不味いトウガンをなぜ作るのか分かりませんでした.5世紀頃に伝来してずっと作り続けているようです.

トウガンのデータ

目:スミレ目 Violales
科:ウリ科 Cucurbitaceae
属:トウガン属 Benincasa
種:トウガン B. hispida
学名:Benincasa hispida
和名:冬瓜
英名:winter melon

原産:インド,東南アジア

栽培品種:
マルトウガン(丸冬瓜,大丸冬瓜,小丸冬瓜)
ナガトウガン(長冬瓜)
オキナワトウガン(沖縄冬瓜,琉球種)

果実:10kgを超える巨大果,2-3kgのミニサイズまであります.95%以上が水分で栄養価は低いです.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-自然 科学 技術
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

秋になると緑の葉が黄葉,紅葉,褐葉するのはなぜ?

スポンサード リンク 秋らしく朝晩が涼しくなってきました.つい先月まで緑色をしていた木々の葉も黄色くなったり,赤くなったり,褐色になったものが混ざってきました. 今日は黄葉と紅葉のお話で.どちらも「こ …

12支

江戸時代の時刻について 2

スポンサード リンク 昨日は江戸時代の時刻は不定時法だったこと,「六つ」とか「九つ」と鐘の数で時刻を表していたことのお話しでした. 今日はもう一つの時刻の表し方である十二支による方法についてのお話しで …

鐘

江戸時代の時刻について 1

スポンサード リンク 昨日は月の話で亥中という昔の時刻の表現が出てきました.今日は江戸時代の時刻についてお話しします. 江戸時代の時刻は日の出と日没を基準に定まっていましたので,今の時刻とは違います. …

寛政暦書と伊能忠敬の時代の観測機器

寛成暦書 スポンサード リンク 昨日は「江戸時代の時刻について 2」で高橋至時(たかはしよしとき),間重富(はざましげとみ),山路徳風(やまじよしつぐ)らがつくった寛政暦(寛政十年(1798)-天保十 …

スイレン

スイレン(睡蓮)とモネ

スポンサード リンク 今週の花はハスですが,生息環境が似ていて,同じものだと勘違いしやすいのが,スイレン(睡蓮)です. ハスはヤマモガシ目,ハス科,ハス属なのに対して,スイレンはスイレン目,スイレン科 …