山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

良書の紹介「徳川家の家紋はなぜ三つ葉葵なのか」稲垣栄洋著

投稿日:2017-11-23 更新日:

表題の本を読んでいる最中ですが,なかなか面白い内容なので紹介します.本書を手にしたときはあまりあまり期待していなかったのですが,出だしの部分を読み始めると,興味ある話題が流れる様に関連性をもって紹介されていきます.

流し読みのつもりで読み始めたのですが,ノートを取りながら読み,本ブログで紹介したくなりました.

冒頭の部分だけですが内容は以下の様に進みます.

戦国武将たちは植物を愛していた

信長も秀吉も家康もみな花を愛でていました.とりわけ家康は,今風に言えば「植物オタク」だったとのこと.

戦国武将たちは現代の植物学者が舌を巻くほど観察眼があったとのこと.ここまで読んだだけで物語の展開を知りたくなります.

家康と江戸

本書はすらすらと読み進められますが,内容は実に興味深いものばかりです.スゲが生えていたことから巣鴨,小菅がヨシが生えていたことから吉原,足立区の足立もアシから,そしてヨシとアシは同じ植物で,アシは悪しなので良しとしたことなど.

鎌田はガマからきていて,蒲焼はウナギを蒲の穂の様に串刺しにして焼いていたことから蒲焼ということなど,近くの大井も井草が多かったからなどと,話が流れていきます.

以上の植物は低湿地に生えているもので,江戸の東南部の低地の下町の代表的な植物だったこと.そして,西部の高台では水が少なくススキが生えていたこと,そのススキはカヤ(茅,萱)と呼ばれて茅葺き屋根になったとのこと.

スポンサード リンク

茅場町という地名は萱を扱う業者が集まっていたことなど.また,千駄ヶ谷千の駄(荷駄)を積めるほどの萱がとれたこと.千駄木は千頭の馬に積むほどの薪がとれたところから来た名前であること.

ちなみに駄賃とは馬に約135㎏の荷駄を積んだ代金であることからきているとのこと.

断片的な知識がドンドン繋がっていきます.

貨幣としての米と土地の広さの関係

以上のように話がどんどん展開していくと断片的な知識が実は巧妙なシステムの一部だったことがわかってきます.現代の工業社会,情報化社会が様々な要素を複雑にシステム化されているように,当時の農業社会も巧妙なシステムが組まれていたことを知ります.

関心したのは,人が1年に食べる米の量が一石で,100石あれば100人が1年間食べていける米の量であること.

その10分の1が一斗,そのさらに10分の1が1升で,そのまた10分の1が1合だということ.人の1食分が1合ということですごくわかり易いです.

まとめると,
1合=10勺
1升=10合
1斗=10升
1石=10斗

そして面積の1反は当時一石の米が収穫できる広さで,人ひとりが一年間に食べる米の量という事です.

そして,現代でも使われている一坪が人が一日に食べる米をとれる広さだということ.当時のお金は米で面積にも密接につながっていたというのは興味深いことです.

むすび

まだまだほんの一部ですが,話は当時のリサイクル,軍事,薬品,芸術,園芸,家紋などドンドン繋がっていきます.

ひとことで言うと興味の尽きない本です.興味ある方はぜひご一読ください.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

スポンジ

メラミンスポンジの効果抜群な使い方を紹介します.あの白いスポンジです

メラミンスポンジをご存知ですよね?最近は100円ショップなどでも手に入るほど普及している白いスポンジです.このスポンジの特徴は洗剤を使わなくても汚れを良く落とせるところにありますが,実際に買ってきてみ …

太陽黒点 sunspot

黒点の全くない状態が続くのは珍しい 地球生命の源である太陽の活動は私たちすべての活動に影響します.その太陽活動の状態をよく表しているのが太陽表面に見える黒点です. この黒点が多い時は活動が盛んで,少な …

暦

10月は神無月 旧暦と和風月名について

スポンサード リンク 秋になって日々涼しくなってくると,今年の終わりも近づいてきます.残すところ数か月.ひと月ひと月を大切にしていきましょう. 約150年前の旧暦である太陰太陽暦(天保暦1844-18 …

MA770 Wireless Speaker

スポンサード リンク masterdynamic社製のスピーカー https://www.masterdynamic.com/products/ma770-wireless-speaker-david …

今,読書中の本:江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた 古川愛哲

今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた 著者:古川愛哲 出版社:講談社 良書です. 江戸時代のイメージの多くは時代劇で培われて来まし …