山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第52週の花 ノースポールギク (カンシロギク 寒白菊)

投稿日:2017-12-26 更新日:

ノースポールとして知られるこの花の和名はノースポールギク,またはカンシロギクです.白い花が株全体を白く覆うように見える為,北極をイメージしているところからなずけられました.

ちなみに,「ノースポール」だけだとサカタのタネの商品名となりますが,一般的にノースポールと呼ばれています.

スポンサード リンク

ノースポールギクのデータ

目:キク目 Asterales
科:キク科 Asteraceae
亜科:キク亜科 Asteroideae
連:キク連 Anthemideae
亜連:Leucantheminae
属:フランスギク属 Leucanthemum
種:カンシロギク L. paludosum

学名:Leucanthemum paludosum (Poir.) Bonnet et Barratte

シノニム:
Leucoglossum paludosum (Poir.) Wilcox, K.Bremer et Humphries
Chrysanthemum paludosum Poir. クリサンセマム・パルドサム
Mauranthemum paludosum (Poir.) Vogt & Oberpr.

英名:swamp chrysanthemum

花:12月-翌年6月に径3cmほどの白い花が咲きます.芯の管状花は黄色です.
葉:
草丈:15-25cm
原産地:アフリカのアルジェリア周辺,地中海沿岸に広く分布しています.
日本へは1960年代に輸入されました.

注:「paludosum」は沼地生のという意味です.

これで2017年の「週の花」シリーズは終了です.よいお年をお迎えください。

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

第27週の花草木 トウモロコシ

トウモロコシが出回ってきました.トウモロコシはイネ科の一年草で,原産地は南北アメリカ大陸で,ヨーロッパにもたらされたのは,コロンブスによるものとされています. スポンサード リンク トウモロコシの名前 …

第34週の花 サルスベリ 百日紅

私の散歩道のあちこちでサルスベリが咲いています. シワシワの花に特徴があります.ツルツルの樹皮でサルでも滑って登れないというのが最大の特徴です. でも,たぶんサルは登れると思います. お気に入りはバス …

第45週の花 シクラメン

冬の鉢植の代表としてよく知られているシクラメンは花の形がなんともとらえようが無い形をしていますね.葉を見るとハート型をしています. ハート形の葉は葉として茎の接続部が中央にあるのでバランスがとれていま …

小麦

三大穀物と言えば小麦,イネ,トウモロコシですが,特に小麦は世界中の人々にとって広く重要な食糧源となっています. スポンサード リンク 小麦はイネ科の植物で,小アジア地方原産と考えられています.コムギに …

第5週の花 ホトケノザ(春の七草)

七草(セリ,ナズナ,ゴギョウ,ハコベラ,ホトケノザ,スズナ,スズシロ)の五つ目,ホトケノザ ホトケノザと言うシソ科オドリコソウ属の植物がありますが,春の七草のホトケノザというのはキク科のタビラコ (田 …