山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般 本 読書

本を読むとき全てを読んで理解すべきでない理由

投稿日:2018-01-30 更新日:

先日,速読の本をを数冊読んで,タイトルにあることを理解しました.せっかく買った本だから全てを吸収してやろうという「ケチケチな気持ち」では大切な時間と集中力を無駄に使う事になり,大事な内容が薄まってしまい,読みたい本が読まされる本となってしまいます.これでは本末転倒になってしまいます.

同様な記事が本ではなく「博物館の見方」の記事でありましたので,ご紹介します.

スポンサード リンク

博物館ですべての展示を見学すべきではない理由 lifehacker(訳:春野ユリ)
https://www.lifehacker.jp/2018/01/stop-trying-to-see-all-of-a-museum-in-one-visit.html

origin:
Patrick Allan – Lifehacker US
Stop Trying to See All of a Museum in One Visit

https://lifehacker.com/stop-trying-to-see-all-of-a-museum-in-one-visit-1821817889

論調は全く,その通りで,入館料を払って訪れている自分が主なのです.博物館は道具なのですから,自分が利用しているのであって,自分中心に利用すれば良いのだと思います.自分の感じ方,受け止め方で見学し,結果として感動や記憶に残せれば有意義な訪問だったと言えます.

読書と全く同様だと思いました.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般, 本 読書
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

お菓子の小分けで食べ過ぎ防止策

昔々,お菓子を兄弟で分け合って食べた記憶があります.いくつかの種類のお菓子を兄弟分の紙の上に等分に分けて包んで渡されたような記憶があります. この方法をお菓子の食べ過ぎ防止のアイデアとして使えるかも知 …

ラッキョウ

市場にラッキョウが出回る季節となりました.今日で今年二回目.2時間ほどかけてつくっておいたので,2-3日後が楽しみです. 昨年はクエン酸とアスコルビン酸の酸味と塩とダシで自分好みに工夫して,やっと好み …

夏目漱石のこころ の冒頭部分を読んで思い出したこと,感じたこと

私はその人を常に先生と呼んでいた.だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない.これは世間を憚かる遠慮というよりも,その方が私にとって自然だからである.私はその人の記憶を呼び起すごとに,すぐ「 …

辞書

「ー」「、」「,」「。」「.」の使い方について

昨日のブログで外来語の末尾にーをつけるかどうかについてコメントしました.テン,マルも含めて少し詳しくみていきます. スポンサード リンク ーについて まず,「ー」の名前ですが,長音符号または長音記号と …

オープンソースソフトウェア 中央大学 知の回廊から

数年前に公開された動画ですが,知の回廊 第92回「オープンソースソフトウェアを使おう」というものがあり,オープンソースソフトウェアについてわかりやすく説明しています. ここで紹介されたソフトウェアのほ …