山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

「折り紙」と「あや取り」と「けん玉」

投稿日:2018-03-02 更新日:

平昌での冬季オリンピックが終了し,いよいよ2020年の東京オリンピックが目前に迫ってきました.外国からのお客さんが増えてきますので,日本の文化を紹介する機会も増えてくることと思います.

今日は,昔からの日本の伝統芸で,折り紙,あや取り,けん玉についてのお話です.さて,質問です.上記3つの伝統芸の中で,日本独自のものでは無いのはどれでしょうか?

答え:折り紙だけが日本独自のものです.

あや取りは世界各地で発祥していて,どこが元祖かわかりいません.文字が普及するまえからヒモやツナ,ナワなどは使われていたと考えられています.植物の茎は利用しやすい素材です.人類はヒモやツナ,ナワ,イトなど線状の素材を縛ったり編んだりする技術をかなり昔から持っていたと考えられています.あや取りはその技術の余興かもしれません.

スポンサード リンク

けん玉は江戸時代から文献に残されていますが,世界中に似た遊びがあります.球とカップや球と剣,球と角や木の棒など,球と何かをヒモでつなぐ発想は世界中にあります.身近な道具を使ってのゲームは多くの人が思い付くので,どこが元祖かわかりません.

それにしても球やボールなどは遊具やスポーツには不可欠です,オリンピックでも数々の球技が行われていますね.いったい世界中に何種類の球技用の球やボールが存在するのでしょうかね?

さて,折り紙について少し見ていきましょう.

折り紙の歴史

紙の製法は7世紀初めに大陸から伝わりましたが,当初は紙は経典などに使われるだけでしたが,やがて神事も用いられる様になり,供物などを包む目的にも使われるようになりました.その際に生まれたのが儀礼的な包み方で,儀礼折という紙の扱い方が様式化しました.

時は下って,江戸時代になると紙の生産量も増え,比較的安価で庶民の手に入るようになり,「折り紙」が楽しみとして広まりました.

明治になると学校でも教えるようになり,日本全国に広まりました.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

江戸時代の米の量の単位と土地の広さと貨幣について

スポンサード リンク 2日前の「徳川家の家紋は・・・」で,米の量の単位がでてきました.土地の広さと貨幣を含めてもう少し詳しく見ていきましょう. スポンサード リンク

スプーン

はちみつの味わい方,プチはちみつ道のすすめ

滋養豊富なはちみつは天然の甘味成分ですので,仕事などで頭と体が疲れたときのリフレッシュに最適な食品です.もちろん,はちみつの使い方は自由ですが,純粋にはちみつだけを深く味わって楽しみたいものです.目を …

花粉マスク

誰でも簡単に実践できる花粉症対策の技

冬が過ぎて,だんだん暖かくなってくると花粉症の季節に入ります.春の楽しさも半減です.花粉症には○○が良いよ,とよく聞きますが,今のところ決定的な方法は無いと思われます.毎年多くの方が苦しんでいます.多 …

2011年(平成23年)3月11日東日本大震災の日

スポンサード リンク 2011年(平成23年)3月11日(金曜日)14時46分18秒,宮城県牡鹿半島の東南東沖130km(北緯38度06.2分,東経142度51.6分,深さ24km)を震源として,モー …

花

「みんなの花図鑑」サイトリニューアルというお知らせが届く

スポンサード リンク 以前花の名前を知りたいときにすごく便利だと紹介しました「みんなの花図鑑」というサイトからリニューアルのお知らせが届きました.「花の名前を知りたいサービス」が終了とのことです.また …