山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

「折り紙」と「あや取り」と「けん玉」

投稿日:2018-03-02 更新日:

平昌での冬季オリンピックが終了し,いよいよ2020年の東京オリンピックが目前に迫ってきました.外国からのお客さんが増えてきますので,日本の文化を紹介する機会も増えてくることと思います.

今日は,昔からの日本の伝統芸で,折り紙,あや取り,けん玉についてのお話です.さて,質問です.上記3つの伝統芸の中で,日本独自のものでは無いのはどれでしょうか?

答え:折り紙だけが日本独自のものです.

あや取りは世界各地で発祥していて,どこが元祖かわかりいません.文字が普及するまえからヒモやツナ,ナワなどは使われていたと考えられています.植物の茎は利用しやすい素材です.人類はヒモやツナ,ナワ,イトなど線状の素材を縛ったり編んだりする技術をかなり昔から持っていたと考えられています.あや取りはその技術の余興かもしれません.

スポンサード リンク

けん玉は江戸時代から文献に残されていますが,世界中に似た遊びがあります.球とカップや球と剣,球と角や木の棒など,球と何かをヒモでつなぐ発想は世界中にあります.身近な道具を使ってのゲームは多くの人が思い付くので,どこが元祖かわかりません.

それにしても球やボールなどは遊具やスポーツには不可欠です,オリンピックでも数々の球技が行われていますね.いったい世界中に何種類の球技用の球やボールが存在するのでしょうかね?

さて,折り紙について少し見ていきましょう.

折り紙の歴史

紙の製法は7世紀初めに大陸から伝わりましたが,当初は紙は経典などに使われるだけでしたが,やがて神事も用いられる様になり,供物などを包む目的にも使われるようになりました.その際に生まれたのが儀礼的な包み方で,儀礼折という紙の扱い方が様式化しました.

時は下って,江戸時代になると紙の生産量も増え,比較的安価で庶民の手に入るようになり,「折り紙」が楽しみとして広まりました.

明治になると学校でも教えるようになり,日本全国に広まりました.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ものを磨いて心を整える

整理整頓や掃除や不用品の処分が苦手な人がいます. 後でやろうと思えば何週間もそのままになってしまいます. 一日かけてキレイにしても,数日すれば元の木阿弥.嫌になります. 整理整頓や掃除のコツは無意識で …

落下?飛行?人類は鳥を超えたのか?

私の想像力を越えています. 最初の動画でも驚かされますが,まだまだ序の口です. スポンサード リンク 今日はこれまで. 内容が優れていると思うURLを個人のreview用として記載しています.事情によ …

耳栓

低反発ウレタン耳栓の着け方

低反発ウレタン耳栓の8種サンプルを買ってから,様々なタイプの耳栓を付けたり外したりして何度も何度も試した末,装着方法のコツがわかってきました.今日は装着方法のコツについて経過報告します. 前回でお話し …

iPhone

iPhoneで木に咲く花と地面に咲く花をうまく撮影するコツ

最近花の写真を撮ることが多くなりました.花をいろいろと撮影するコツがいくつかあります.今日はそれについてお話しします.撮影する際,花の位置は大きく分けて二通りあります.一つ目は自分より高い所にある花, …

カレンダー

2月は如月(きさらぎ),旧暦と和風月名について

スポンサード リンク 約150年前まで使われていた旧暦と呼ばれる太陰太陽暦(天保暦1844-1872)では2月を如月(きさらぎ)と呼んでいました.これを「和風月名」と言います. 生活が自然と密着してい …