山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

スギ花粉と花粉症

投稿日:2018-03-09 更新日:

花粉症の季節になりました.今日は雨が降っているのに,そこそこに厳しいです.花粉症は国民病と言われるほど一般的になってきました.特に代表的なのが,スギ花粉です.今日は憎きスギ花粉についてのお話です.

スギ花粉の特徴
スギの花は風媒花と言って,おしべの花粉媒介を風に載せてめしべに届ける仕組みの花です.虫に運ばせる虫媒花とは違い,虫を引き寄せる花のも目立つことなく,香りや蜜も必要ありません.

花粉の大きさは30-40㎛で,形状は楕円形で先端が少し突出した紡績型をしています.

花粉を風に載せるということは,大部分の花粉がめしべに届かず,空気中に花粉が飛散するということで,空中を長時間漂い続け,遠方まで届きます.到達距離は数㎞以上,条件次第では数百㎞以上にもなるそうです.従って,近くにスギの木が無くても花粉症に苦しむことになります.

スポンサード リンク

花粉症が社会問題となって数十年になります.1970-80年ころから花粉症になる人の数が急増してきました.これは戦後間もなく植林したスギが樹齢30年を迎え,以来空気中を飛散する花粉量が数倍に増えたためと考えられています.

スギは有用な木材資源になりますので,農林水産省が大規模スギ植林を精力的に行ったのは正しい行政だったと言えます.ただし,近年,木材需要も低くなり,これほど多くの人達が苦しんでいるのに,いまだにスギを植林し続けているのは理解しがたいものがあります.

数十年前の日本は公害で大気も水質も土壌も汚れ放題でした.それでも年々の努力の結果,ほとんどの公害は克服されました.花粉症も公害です.一見自然の様に見えますが明らかに人為的な公害です.これほど社会に多くの害をもたらしている公害は国家的損失です.林野庁ばかりでなく,厚生省なども責任をもって対応に当たっていただきたいものです.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

花火

花火のお話し 花火の歴史-明治から戦後までの花火

先日の花火のお話は江戸時代末までの花火の歴史でした.今日は明治以降大きく変わった花火についてお話しします. 昔の花火(和火)と今の花火(洋火) もし,現代人が江戸時代の花火をみたらびっくりすることでし …

ハチミツとミントティー

最近,喉の調子が変になったので,うがいを頻繁にしていました.そして,ハチミツを入れたミントティーがちょうどよい具合に効きます.喉鼻がすっとして,さっぱりするとともにマイルドな風味が残ります. スポンサ …

コーヒー

コーヒーの技レベル1:挽いたコーヒーを購入し,ドリップして飲む(1)

スポンサード リンク 前回は美味しいコーヒーは自分の技を高めることのお勧めとレベルについて,そして必要な器具についてお話ししました.今回は最初のレベル1についてお話しします.今までに自分でドリップした …

今,読書中の本:江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた 古川愛哲

今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた 著者:古川愛哲 出版社:講談社 良書です. 江戸時代のイメージの多くは時代劇で培われて来まし …

外国為替レート観測と考察 今週の動き(2017-10/30-11/02)

スポンサード リンク 2017年10月30日月曜日から11月02日木曜日のドル円レートの動きは前週最後の27日金曜日に114.48の高値をつけてから翌週30日月曜日に陰線で下落,さらに31日火曜日11 …