山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

スギ花粉と花粉症

投稿日:2018-03-09 更新日:

花粉症の季節になりました.今日は雨が降っているのに,そこそこに厳しいです.花粉症は国民病と言われるほど一般的になってきました.特に代表的なのが,スギ花粉です.今日は憎きスギ花粉についてのお話です.

スギ花粉の特徴
スギの花は風媒花と言って,おしべの花粉媒介を風に載せてめしべに届ける仕組みの花です.虫に運ばせる虫媒花とは違い,虫を引き寄せる花のも目立つことなく,香りや蜜も必要ありません.

花粉の大きさは30-40㎛で,形状は楕円形で先端が少し突出した紡績型をしています.

花粉を風に載せるということは,大部分の花粉がめしべに届かず,空気中に花粉が飛散するということで,空中を長時間漂い続け,遠方まで届きます.到達距離は数㎞以上,条件次第では数百㎞以上にもなるそうです.従って,近くにスギの木が無くても花粉症に苦しむことになります.

スポンサード リンク

花粉症が社会問題となって数十年になります.1970-80年ころから花粉症になる人の数が急増してきました.これは戦後間もなく植林したスギが樹齢30年を迎え,以来空気中を飛散する花粉量が数倍に増えたためと考えられています.

スギは有用な木材資源になりますので,農林水産省が大規模スギ植林を精力的に行ったのは正しい行政だったと言えます.ただし,近年,木材需要も低くなり,これほど多くの人達が苦しんでいるのに,いまだにスギを植林し続けているのは理解しがたいものがあります.

数十年前の日本は公害で大気も水質も土壌も汚れ放題でした.それでも年々の努力の結果,ほとんどの公害は克服されました.花粉症も公害です.一見自然の様に見えますが明らかに人為的な公害です.これほど社会に多くの害をもたらしている公害は国家的損失です.林野庁ばかりでなく,厚生省なども責任をもって対応に当たっていただきたいものです.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ルーヴル美術館展 肖像芸術と1974年 モナ・リザ展 入場者一日で3万1120人の新記録(6/10)

現在東京の国立新美術館で「ルーヴル美術館展 肖像芸術——人は人をどう表現してきたか」を開催しています.2018年5月30日(水)-2018年9月3日(月) . 国立新美術館 http://www.na …

今日の言葉を考える フリードリヒ・ニーチェの言葉から

スポンサード リンク 過去が現在に影響を与えるように,未来も現在に影響を与える. フリードリヒ・ニーチェ 現在は過去の積み上げでできています.これに反論する人はほとんどいないと思います. 個人のレベル …

サイクリングとサングラス

梅雨時の貴重な晴れ間を見つけて定例の荒川-葛西サイクリングに出かけました. 行きは向かい風が強く,厳しいけれど慣れた道なので気にせずに走り続けました. でも,なぜかいつもの様に楽しくない. 一時休憩で …

水筒

熱いコーヒーと冷たい麦茶

スポンサード リンク 暑い季節になると冷たい麦茶が最高です.でも,コーヒー好きの方はチョットだけでも熱いコーヒーを飲んでみたいのでは? 夏場はアイスコーヒーを飲む方も多いと思います.でも,アイスコーヒ …

火

もみぎり式火おこしの考察

スポンサード リンク 先日のもみぎり式火おこしで考えたことを整理してみました.もみぎり式火おこしというのは原始人が火を起こすときに両手の平に棒を挟んでくるくる回しながら板の上で回して摩擦熱で火を起こす …