山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

未来から ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらずを読むと......

投稿日:2017-05-06 更新日:

方丈
ゆく河の流れは絶えずして,しかももとの水にあらず.淀みに浮かぶうたかたは,かつ消えかつ結びて,久しくとどまりたるためしなし.(方丈記 鴨長明)

あるいは,

行く川のながれは絶えずして,しかも本の水にあらず.よどみに浮ぶうたかたは,かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし.


序の部分ですが,原文もいろいろバリエーションがあります.方丈記の書かれた背景は大火,竜巻,地震,飢饉などの天変地異が起こり,世の中が不安定になっている時代の世相を京都の郊外,日野山に方丈(ほぼ四畳半)の庵を建て,都の災難を避けつつ世相を観察して世の無常を綴っています.

今の時代も大火,地震,津波,放射能,ミサイルなどが世間を脅かしているという点では似ています.ちなみに,上記序の書き始めの現代風に解釈を加えると次のようになります.

スポンサード リンク

流れゆく川の水はずっと流れ続けて見えます,でもよく考えてみれば,さっき流れていた水と今流れている水は違うものなのですよ.水の流れのゆるい所には泡ができては消えてしまうことを繰り返しています.泡はすぐにはかなく消えてしまうのです.

つまり,同じものが長く続いていくことは無く,すぐに一度限りで滅んで行く運命にありますよ.そして,いつも同じように続いてきたものも実は同じものではなく別のものが入れ替わって同じものの様に見えているだけなのですよ.

という事です.似ている名文に,次のようなものが思い出されます.

年年歳歳花相似 歳歳年年人不同(唐詩選)

年年歳歳花相似たり,歳歳年年人同じからず

背景は違いますが,表面上の意味は「しかももとの水にあらず」とほぼ同じです.

いづれにしても,今,方丈記を時代を超えて第三者の立場から読んで,その時代を見ているいる自分がいるわけですが,現在の社会不安や先行きの見えない切羽詰まった状況を未来人も同じように見ることになるでしょう.

もし,現代人のあなたから鴨長明にメッセージが送れるとしたら何を伝えますか?同様に未来人が今のあなたにを見てどんなことを伝えたいと思いますか?

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

飴

散歩のすすめ,飴の使い方と飲み物について

普段は飴や砂糖入りの飲み物は飲まない主義ですが,散歩,ウォーキングのとき限っては飴を持ち歩きます.また,状況に応じて飲みものに工夫をします. スポンサード リンク 毎日ある程度歩いていると年に2-3度 …

元禄(げんろく)年間 平和の時代

昨日の忠臣蔵 討ち入り事件とは江戸時代 元禄年間の出来事です. 元禄年間とは,1688年から1704年で,天皇は東山天皇,江戸幕府将軍は徳川綱吉の時代です.綱吉と言えば,生類憐みの令.この令は前の貞享 …

松茸

秋の味覚 キノコの王様 松茸のお話し

スポンサード リンク 日本人でキノコの王様,松茸を知らない人はいないでは?というほどよく知られたキノコです. でも,なぜあんなに高いのか,なぜ,あんなに人気があるのか?マツタケの人工栽培はできないのか …

コンテナ苗 近畿中国森林管理局 ウェブサイトより

緑化と苗木の関係の話

コンテナ苗のマルチキャビティコンテナ: 近畿中国森林管理局 ウェブサイトより スポンサード リンク 人と自然の調和として緑化が全国的に広まり,都市部でも街や公園に街路樹や花壇が増えました.梅や桜の季節 …

2017年最後の日を迎えて

スポンサード リンク いよいよ今年も最後の日となりました.皆さんにとって2017年はいかがでしたか?私にとって,今年のもっともの大きな出来事はこのブログを始めたことでした.内容の出来如何は問いませんが …