山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第13週の花草木 ソメイヨシノ 染井吉野

投稿日:2018-03-26 更新日:

ソメイヨシノが満開です.今年は例年に比べて早い開花でした.サクラと言えば,ソメイヨシノということになっていますが,分類方法にもよりますが,サクラには約600種の品種が確認されています.

最初は5-7類の基本の野生種と,これらの変種で数十種類の自生種がありました.これらを基に人工的に約200種の園芸種が生み出されてきました.

サクラは突然変異が多い植物で,花弁や雄しべ,花の大きさ,色,実の増減などが発生します.さらに,品種改良も多く行われ,接ぎ木などで,突然変異の種を固定化されてきました.

エドヒガンやヤマザクラ、オオシマザクラなどは比較的に変性を起こしやすい種であり、園芸技術の発達に伴ってこれらを用いた品種改良が多く行われました.

ソメイヨシノ 染井吉野

ソメイヨシノはエドヒガン系の桜と日本固有種のオオシマザクラ(正確にはオオシマザクラとヤマザクラの交雑種)の雑種の交配で生まれました.そして,全てのソメイヨシノは一本の樹から複製されたクローンとして知られています.

スポンサード リンク

他に様々なサクラがあるのに,ソメイヨシノだけが注目されるのにはいくつかの理由があります.
1. 入学式シーズンに咲くので,八重桜と対で多くの学校に植えられ,印象深い.
2. 葉より先に花が咲くので,開花すると木肌と花の色,青空の組み合わせの色合いが良い.
3. 戦後,植樹する際に,ソメイヨシノは若木から花を咲かせるので,人気があった.
4. 新年度の始まりの懇親会に花見がちょうどマッチしていた.
などです.

戦後爆発的に植えられたソメイヨシノは古いものだと60年程度になり,急速に老木が急速に衰えている傾向がみられるとの事です.

ジンダイアケボノ(神代曙)の時代到来?

最近では病気など,ソメイヨシノの欠点がいくつか指摘されるようになり,花や開花時期がソメイヨシノと近い,ジンダイアケボノ(神代曙)が注目されています.数十年するとソメイヨシノからジンダイアケボノの時代に代わっているかも知れませんね.

ジンダイアケボノ 神代曙 (ウィキペディア)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%B1%E3%83%9C%E3%83%8E

ソメイヨシノのデータ

目:バラ目 Rosales
科:バラ科 Rosaceae
亜科:サクラ亜科 Amygdaloideae
属:サクラ属サクラ亜属 Prunus subg. Cerasus
もしくはサクラ属 Cerasus
品種:ソメイヨシノ(染井吉野)C. × yedoensis ‘Somei-yoshino’
学名:Cerasus ×yedoensis (Matsum.) Masam. & Suzuki ‘Somei-yoshino’
和名:ソメイヨシノ

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

第38週の花草木 オミナエシ

スポンサード リンク オミナエシ(女郎花)は秋の七草の一つで,チメグサ,敗醤(はいしょう)とも呼ばれます. 日当たりの良い草地に生えています.万葉の昔から愛好されてきて,前栽・切花などにも用いられてき …

ランタナ

第41週の花 ランタナ 七変化(しちへんげ)

スポンサード リンク ランタナは6月頃から咲いていて,いつ週の花として取り上げるか迷っているうちにとうとう長い開花期も終わろうとしています.この花は一見アジサイかと思いますが,花の色が黄色,オレンジ, …

第45週の花 シクラメン

冬の鉢植の代表としてよく知られているシクラメンは花の形がなんともとらえようが無い形をしていますね.葉を見るとハート型をしています. ハート形の葉は葉として茎の接続部が中央にあるのでバランスがとれていま …

第10週の花 ロウバイ

ウメ園にロウバイ(蝋梅)が咲いていました.ウメとロウバイの花を見比べながら,ふっと思いました.ロウバイはウメなのでしょうか? ウメは 目:バラ目 Rosales 科:バラ科 Rosaceae 属:サク …

第5週の花草木 スイセン 水仙

スポンサード リンク 冬の花が少ない時期にずっと咲いているのがスイセンです.雪が降った後,散歩して見るとそのいくつかが雪のために倒れていました. 水仙はヒガンバナ科に属しています.二ホンズイセン,ラッ …