山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

本 読書

本の紹介: 桜の雑学事典

投稿日:2018-03-27 更新日:

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します.


書名:桜の雑学事典
著者:井筒清次
出版社:日本実業出版社

良書です.桜のシーズンには片脇に置いておきたい一書です.本書は完成度が高く,内容はよく整理され,丁寧につくられています.各見開きページの最後には桜にまつわる句が載せてあり,好感が持てます.

これ一冊で桜に関する基礎知識,歴史,文化,そして各地の桜名所までカバーしています.

本書の目次

第1章 サクラへのパスポート
サクラと日本人
植物としてのサクラ
これだけは知っておきたいサクラの種類
秋から冬にかけて咲くサクラ
サクラ前線
サクラの利用法
サクラという言葉
サクラに関する諺・名言
サクラを植えた人々

第2章 サクラの歴史と文学
記・紀・万葉の時代のサクラ
宮中花宴と古今和歌集
王朝のサクラ
西行とサクラ
平家物語のサクラ
徒然草のサクラ
江戸の花見
江戸の名所
芭蕉とサクラ
武士道・大和心・サクラ
近代歌人とサクラ
軍国の花
基次郎‣安吾・谷崎
三島・千代・勉

第3章 サクラの民俗と芸能
サクラと信仰
能・歌舞伎のサクラ
描かれたサクラ
落語の花見
シャレ・俚揺・川柳
唱歌のサクラ

スポンサード リンク

第4章 サクラの名所
吉野のサクラ
京都のサクラ
東京のサクラ
日本三大桜
サクラ名所100選
ポトマックのサクラ

サクラの日本史年表

著者のデータ

井筒清次(いづつせいじ)
1947年東京都武蔵野市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。百科事典・歴史雑誌等の編集を経て、現在、歴史・宗教・食文化などをテーマにした執筆を中心に、出版プロデューサーとしても活動。主著に『童謡・唱歌の故郷を歩く』『日本宗教史年表』(以上、河出書房新社)、共著に『酔っぱらい大全』『暦ことば辞典』『江戸・東京事件を歩く』『テレビ「水戸黄門」のすべて』などがある。

今日はこれまで.ではまた.
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
ここでは個人的に素晴らしいと感じた書籍を記録しておくとともに,ご参考までに紹介しています.
* 内容に問題があると考えられる方は,ご連絡ください.
* If you have any problems, please let us know.
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

スポンサード リンク

-本 読書
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

本の紹介: 上達の原則

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. 現代は技術と社会が急激に変化している最中なので,多くのことを学び,新しいことに対応していくことが要求される時代です. 本書は上達するための原則を様々な視 …

本の紹介: 今日から使える 物理数学

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. 本書は冒頭に「実は,この本は「物理数学」の廉価版なのです」とあります.本書はブルーバックスで1300円と安価ですが,良く書かれています. ざっと,読み進 …

本の紹介: 大江戸 武士の作法

今,私が読んでいる本で,良いものを紹介します. 江戸時代は時代劇で馴染み深いものですが,実は事実と異なる部分が多くみられます. 時代の大きな切り替わり時には前の時代は否定されるのが常で,システムの価値 …

2018年8月11日は山の日です.山と溪谷 創刊1,000号記念特別号

今日,8月11日は山の日です.そういえば山と溪谷 2018年8月号は,なんと創刊1,000号記念特別号です.通算で1,000号とは驚異的な数字です.創刊号はなんと88年前の昭和5年(1930年)で隔月 …

今,読書中の本: 脳をつくる読書 なぜ「紙の本」が人にとって必要なのか

今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:脳をつくる読書 なぜ「紙の本」が人にとって必要なのか 著者:酒井邦嘉 出版社:実業之日本社 スポンサード リンク 良書です.昨日の …