山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

Good Music

Good Music: 風の吹くまま旅に出たくなる音楽

投稿日:2018-04-01 更新日:

仕事していると,ふとしたキッカケから遊び心が生まれます.風の吹くまま旅に出たくなる気持ちは誰にでも訪れますが,なかなか世の中のつながりを振り切って自由に出かけられないものですね.今日の曲は旅にちなむものです.


Anna Kendrick – Cups (Pitch Perfect’s “When I’m Gone”)
カップの遊び,真似したくなるけど簡単にはできません.暖かくなってくると,ふっと旅に出たくなりますね.


Katie Melua – Crawling Up A Hill
日本には動画のようなスローで走る列車は無いですね.スローな旅行で1年くらい放浪の旅をしてみたい.

この後は,有名な500 Miles,良い曲です.以下,歴史的なものです.


Bobby Bare – 500 Miles Away From Home
1963年に,Top 10 hit on the U.S. Billboard Hot 100となったシングル盤です.現在よく知られているのとは別の歌詞です.


500 miles – Peter, Paul and Mary [Original Audio] 1962年5月にPeter, Paul and Maryのデビューアルバムにこの曲が入っていました.歌詞が,主題の「旅に出たくなる」とは違いますが,気にせずそのままいきましょう.白黒の時代です.画像がシンプルなので音に集中できます.

スポンサード リンク


Joan Baez ~ 500 Miles
いい雰囲気ができてますね.


500 Miles By Hedy West
最後に作詞作曲者に敬意を表して.
500 Milesの原曲はアメリカのフォークソング「900 miles」との事ですが,これもアメリカ南部のOld time fiddleとと呼ばれるフォークソングの「Reuben’s Train」,「Train 45」の影響を受けています.

参考

Reuben’s Train

Wiki links

Crawling up a Hill
https://en.wikipedia.org/wiki/Crawling_up_a_Hill

500 Miles
https://en.wikipedia.org/wiki/500_Miles

今日はこれまで.ではまた.
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
ここでは個人的に素晴らしいと感じた音楽を記録しておくとともに,ご参考までに紹介しています.
* 内容に問題があると考えられる方は,ご連絡ください.
* If you have any problems, please let us know.
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

スポンサード リンク

-Good Music
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Good Music: バイオリニスト Jascha Heifetz

バイオリンの演奏には個性があります.私が最も評価しているバイオリニストはJascha Heifetz(1901-1987)という人です. Wikipedia: ヤッシャ・ハイフェッツ Jascha H …

5月もあとわずか.初夏から梅雨時, そして夏へ

5月もあと数日です.暑くなく,寒くもなく,天気も安定していて,蚊など嫌な虫も少なく,連休まで備わっています.一年中で最も過ごしやすいと言われていています. 間もなくジメジメした梅雨を経て灼熱の夏を迎え …

Good Music: ガボット Gavotte

ガボット Gavotteというのはフランスのフォークダンスから派生した古典舞踊です.名前はフランスのガヴォ(Gavot)地方に由来しています. 有名なのは,GossecのGavotte, Gavott …

Vivaldiの作品番号 RV ○○

昨日4月21日のブログでVivaldiを取り上げました.その際に,例えば「Op. 8, Conc. 7 ‘Per Pisendel’ RV 242」と記述されていましたが,以下 …

Good Music: 望郷の曲

昨日は風の吹くまま旅に出たくなる音楽として始めたら,帰郷・望郷の曲に至りました.今日は昨日の続きで,帰郷・望郷の曲からいきましょう. John Denver – Take Me Home, …