山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

謙虚であること

投稿日:2018-04-15 更新日:

最初は恐る恐る始めたことも,物事が少しうまくいきだすと慢心になりがちです.長い人生経験を経て生き方を磨いてきた人は自由であると同時に,自然の謙虚さが身についているように見えます.

一見単純な原理で成り立っているような技術でも,人間が完全に理解して駆使するにはまだまだ深く未知や不安定なところもあり,達人と言われる人ほど基礎や謙虚に向かう姿勢をおろそかにしません.

また,物事を学べば学ぶほど,知らないことの方が多いということに気づきます.知らないことの方が多いことを知らないと,全てを知ったつもりになり勝ちです.

謙虚さは人に対してだけでなく,すべての自然現象に対しても通用する大切な姿勢です.謙虚を辞書で調べると色々出てきます.

謙虚

へりくだる.心をむなしくして,高ぶらないこと.
いつも平常心でいるということでしょうか.

スポンサード リンク

謙 ケン へりくだる

自分をひくくして人にゆずる.へりくだる.「謙遜(けんそん)・謙虚・謙退・謙譲・謙称・謙辞・謙徳・恭謙」
つまり,自分のレベルを正しく把握して,奢らないということですね.

虚(空) キョ・コ むなしい・そら

中がからになっている所.ほらあな.うつろ.
中身がない.からっぽ.からにする.「虚実・虚無・虚空(こくう)・空虚・盈虚(えいきょ)」
実が伴わない.「虚構・虚偽・虚言・虚名・虚位・虚飾・虚栄・虚報・虚説・虚伝・虚勢・虚仮(こけ)」
1. 備えのないこと。油断。すき。「敵の虚に付け入る」
2. 事実でないこと。うそ。いつわり。「虚と実が入りまじる」⇔実 (じつ) 。
3. 中身・実体がないこと。むなしいこと。うつろ。から。
虚はあまり良い意味に使われないことが多いですが,実は老荘思想では大事な概念で,心を虚(空)にすることで,真理へと至るということです.

うまくいっているときも,そうでないときも自分を欺かずに謙虚であり続けたいものです.

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-

執筆者:


  1. yしみず より:

    本当にその通りです! 実感します

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

たまご 玉子 卵

栄養満点で低価格の優良食品として,「たまご」は貴重な食材です.ところで,漢字で書くとき,「玉子」なのか「卵」なのか迷ったことはありませんか? 「玉子」は食品としての「たまご」を表すのに使います.一般に …

旧暦元禄15年12月14日の討ち入りと月の形と位置

チョット時期が外れていますが,昨日旧暦の話が出てきましたので,江戸時代の有名な事件である忠臣蔵の討ち入りについて考えて見ます. スポンサード リンク 忠臣蔵の討ち入り 事件の発生は,元禄15年12月1 …

夏目漱石のこころ の冒頭部分を読んで思い出したこと,感じたこと

私はその人を常に先生と呼んでいた.だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない.これは世間を憚かる遠慮というよりも,その方が私にとって自然だからである.私はその人の記憶を呼び起すごとに,すぐ「 …

sanpo02

散歩のすすめ,習慣化するための秘訣

スポンサード リンク 散歩やウォーキングが健康に良いことは知っているけれど,なかなか習慣化できず,続かないとお悩みの人は多いと思います.私は数年前に一念発起して散歩,ウォーキングを本格的に始めました. …

今,読書中の本:日曜日の歴史学 山本博文

今,読んでいる本の中で,後まで心に残りそうな部分を紹介します. 書名:日曜日の歴史学 著者:山本博文 出版社:東京堂出版 良書です. 昨日紹介しました「江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた」と重なる内 …