山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

一般

謙虚であること

投稿日:2018-04-15 更新日:

最初は恐る恐る始めたことも,物事が少しうまくいきだすと慢心になりがちです.長い人生経験を経て生き方を磨いてきた人は自由であると同時に,自然の謙虚さが身についているように見えます.

一見単純な原理で成り立っているような技術でも,人間が完全に理解して駆使するにはまだまだ深く未知や不安定なところもあり,達人と言われる人ほど基礎や謙虚に向かう姿勢をおろそかにしません.

また,物事を学べば学ぶほど,知らないことの方が多いということに気づきます.知らないことの方が多いことを知らないと,全てを知ったつもりになり勝ちです.

謙虚さは人に対してだけでなく,すべての自然現象に対しても通用する大切な姿勢です.謙虚を辞書で調べると色々出てきます.

謙虚

へりくだる.心をむなしくして,高ぶらないこと.
いつも平常心でいるということでしょうか.

スポンサード リンク

謙 ケン へりくだる

自分をひくくして人にゆずる.へりくだる.「謙遜(けんそん)・謙虚・謙退・謙譲・謙称・謙辞・謙徳・恭謙」
つまり,自分のレベルを正しく把握して,奢らないということですね.

虚(空) キョ・コ むなしい・そら

中がからになっている所.ほらあな.うつろ.
中身がない.からっぽ.からにする.「虚実・虚無・虚空(こくう)・空虚・盈虚(えいきょ)」
実が伴わない.「虚構・虚偽・虚言・虚名・虚位・虚飾・虚栄・虚報・虚説・虚伝・虚勢・虚仮(こけ)」
1. 備えのないこと。油断。すき。「敵の虚に付け入る」
2. 事実でないこと。うそ。いつわり。「虚と実が入りまじる」⇔実 (じつ) 。
3. 中身・実体がないこと。むなしいこと。うつろ。から。
虚はあまり良い意味に使われないことが多いですが,実は老荘思想では大事な概念で,心を虚(空)にすることで,真理へと至るということです.

うまくいっているときも,そうでないときも自分を欺かずに謙虚であり続けたいものです.

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-一般
-

執筆者:


  1. yしみず より:

    本当にその通りです! 実感します

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

今日2018年1月20日土曜日は大寒(だいかん)です.定気法と平気法

大寒と書いて「だいかん」と読みます.寒さが最大の頃と思って良いでしょう.一年で最も寒い季節です.実際に各地で最低気温の記録が出やすい時期でもあります. 二十四節気の大寒 一年を二十四に分けてそれぞれに …

カーペンターズと記憶

昔よく聴いたカーペンターズ.まず,思い浮かぶ曲は. トップ・オブ・ザ・ワールド Top Of The World 今までに,何度聴かされたことでしょう. そして,もっとも共感するのは, イエスタデイ・ …

良書の紹介「徳川家の家紋はなぜ三つ葉葵なのか」稲垣栄洋著

スポンサード リンク 表題の本を読んでいる最中ですが,なかなか面白い内容なので紹介します.本書を手にしたときはあまりあまり期待していなかったのですが,出だしの部分を読み始めると,興味ある話題が流れる様 …

荒川を下り葛西臨海公園へサイクリング

スポンサード リンク 昨日は天気が不安定でしたが,定例コースの荒川下り,旧江戸川を上るサイクリングしてきました.大島の後なので,登り坂や荷物もなく,楽々の40㎞,3時間弱のサイクリングでした.毎週月曜 …

クリスマスの歌 Joy to the world もろびとこぞりて

今日もクリスマスソングを見ていきましょう.「もろびとこぞりて」も有名ですが,讃美歌として以下の様になっています. 諸人(もろびと)こぞりて 迎えまつれ 久しく待ちにし 主は来ませり 主は来ませり 主は …