山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第17週の花草木 ボタン

投稿日:2018-04-23 更新日:


ボタンの花 舞鶴公園 Japanese tree peonies at Maizuru park

街角で時々ボタンの大輪を見かけます.見事な咲きっぷりです.春真っ盛りです.一年間でもっとも過ごしやすい季節です.花粉症もだんだん和らいできました.

ボタンは当初,漢方薬として広まりました.根の樹皮部分が「牡丹皮(ぼたんぴ)」として漢方薬の原料となります.薬効成分はペオノールで,消炎・止血・鎮痛などの効果があります.大黄牡丹皮湯、六味地黄丸、八味丸など漢方薬の原料です.

中国唐の時代から牡丹の花は「花の王」とされました.花の大きさや風格は確かに王者と呼ばれるにふさわしいものがあります.

ボタンは木本性で種から栽培していたため,まさに高嶺の花でした.ところが,近年に芍薬(草本性)を使用した接ぎ木が考案され急速に身近な花となりました.鉢植えや台木苗で市場に出回っています.

スポンサード リンク

ボタンとシャクヤク

立てば芍薬、座れば牡丹歩く姿は百合の花

ボタンとシャクヤクはよく似ています.同じボタン属です.主な違いは花期と木本性,草本性です.花期はボタンは春4-5月に咲き,シャクヤクは少し後の5月-6月に咲きます.

木本性,草本性は単純に,ボタンは木で冬にも枝が残ります.シャクヤクは草ですので,冬は地上部が枯れて根や芽で冬越しします.茎の部分の違いをよく見てみましょう.


牡丹と芍薬

上の動画では木と草の違いが見えにくいので,こちらはシャクヤクだけの動画です.最初のボタンの動画と見比べてみてください.


芍薬(シャクヤク)約50品種紹介&2016年5月中旬開花状況

ボタンのデータ

花色:赤・赤紫・紫・薄紅・黄・白
花の大きさ:大輪・中輪
栽培花:一重・八重・千重
樹高:原種で3m,接木の園芸品種で1-1.5m

科:ボタン科 Paeoniaceae
属:ボタン属 Paeonia
種:ボタン P. suffruticosa
学名:Paeonia suffruticosa
和名:ボタン(牡丹)
英名:Peony
原産地:中国西北部

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

第52週の花 ノースポールギク (カンシロギク 寒白菊)

スポンサード リンク ノースポールとして知られるこの花の和名はノースポールギク,またはカンシロギクです.白い花が株全体を白く覆うように見える為,北極をイメージしているところからなずけられました. ちな …

第36週の花草木 クロホウシ(サンシモン)

自宅のアロエとサボテンの隣で一緒に育っていたクロホウシを取り上げます.漢字では黒法師,濃い紫色で,黒っぽく見えます.黒い花は少ないので妙に記憶に残ります.サンシモンとも呼ばれています. スポンサード …

第21週の花 シャクヤク

「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」 と言う表現があります. ボタンが咲いた後にシャクヤクが咲きます.ちょうど今頃が切り替えの時期で,シャクヤクが咲き始めています. ボタンとシャクヤクの見極め …

7月の植物写真

7月の植物写真 スポンサード リンク スポンサード リンク

第37週の花草木 ホオズキ

「鬼灯」と書いて「ほおずき」とよみます.ちょっと怖そうな名前ですね.ホオズキの「ほお」は頬(ほほ)つまり,ほっぺたのことです.「ずき」は「づき」で,顔づき,目つきなどの「つき」です.つまり,人の顔に似 …