山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

暦 季節 カレンダー 出来事

4月24日は植物学の日

投稿日:2018-04-24 更新日:

旧暦の文久2(1862)年4月24日,牧野富太郎が生まれた日を植物学の日としています.高知県佐川町の豪商に生まれ,

94歳でこの世を去るまでの生涯を植物研究に費やして50万点の標本や観察記録を残し,新種・変種約2,500種を発見し,命名しました.「牧野日本植物図鑑」をあらわし,「植物学の父」と呼ばれています.

佐川小学校を2年で中退し,好きな植物採集にあけくれる.小学校を中退した理由は造り酒屋の跡取りだったため.

江戸時代から明治初期までは一般的に学問は教養あるいは道楽として考えられていました.明治に入ってから,有力な立身出世の道として考えられるようになりました.

それにしても,小学校2年までの教育で東京帝国大学の理学博士となり,後に植物学の父とまで言われるようになるとは,江戸時代の教養は恐るべしです.

牧野の言葉:

「雑草という名の植物は無い」

牧野富太郎

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%A7%E9%87%8E%E5%AF%8C%E5%A4%AA%E9%83%8E

スポンサード リンク

名言巡礼 牧野富太郎の言葉から 高知県佐川町

牧野富太郎生家

科学映像館 牧野富太郎植物教室 進化編

牧野富太郎博士逝去

牧野富太郎のデータ

生誕:1862年5月22日(文久2年4月24日)
死没:1957年1月18日(94歳没)
研究分野:植物学
出身校:佐川小学校(中退)
命名者名略表記:Makino

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-暦 季節 カレンダー 出来事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2019年2月9日 七十二候 黄鶯睍睆(うぐいすなく)

立春 次候 2月9日(土)-2月13日(水) 黄鶯睍睆(うぐいすなく) 参考 七十二候 しちじゅうにこう 二十四節気を初候,次候,末候の3つに分けたものが七十二候です.一侯は約5日となります. 古代中 …

2019年4月5日 二十四節気 清明 (せいめい) 太陽黄経 15 度,新月,旧暦 3/1(弥生)

万物発して清浄明潔なれば,此芽は何の草としれる也(暦便覧) 「清明」 とは清浄明潔の略です.空は晴れ渡り,地には草木が芽を出し,花を咲かせる季節です. 参考 二十四節気 ニジュウシセッキ 小寒,大寒, …

2019年1月30日 七十二候 鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

大寒 末候 1月30日(水)-2月3日(日) 鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく) 「とやにつく 鳥屋に就く」とは,鳥が羽の抜けかわるとき,小屋にはいって餌も食べなくなること,あるいは,鶏などが産卵の …

ボクシング・デー

クリスマスの翌日26日,日本だったら「歳末大売り出し」に相当するのがボクシング・デーとよばれるバーゲンセールです.イギリス・オーストラリア・ニュージーランド・カナダなど英連邦諸国で行われている年間行事 …

1792年9月22日フランス革命暦使用開始

王政廃止が宣言が宣言された翌日の1792年9月22日,フランス革命暦が使用開始されました. 実際に使用された日は1793年11月24日ですが,前年の1792年9月22日が王政廃止の翌日でしかも秋分の日 …