山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

暦 季節 カレンダー 出来事

5月4日はみどりの日です.

投稿日:2018-05-04 更新日:

山道

みどりの日(みどりのひ)は、日本の国民の祝日の一つです.1989年(平成元年)から2006年(平成18年)までは4月29日でした.

4月29日は昭和天皇の誕生日で,「天皇誕生日」とされていましたが,「昭和天皇は植物に造詣が深く、自然をこよなく愛したことから『緑』にちなんだ名がふさわしい」という意見からみどりの日と名付けられました.その4月29日が昭和の日となり,みどりの日は5月4日に引っ越ししました.


みどりの日
この動画,始めにちょっと笑わせてくれますが,良い写真が多いので紹介します.

名主の滝公園 北区
https://www.city.kita.tokyo.jp/d-douro/bunka/koenichiran/nanushinotaki.html


わかば(文部省唱歌)


茶つみ(文部省唱歌)

スポンサード リンク

国民の祝日のデータ

国民の祝日に関する法律(祝日法,昭和23年法律第178号)
昭和23(1948)年7月20日 法律第178号
昭和23(1948)年7月20日 施行(附則第一項)
最終改正 平成26(2014)年5月30日
「春分の日」および「秋分の日」の日付は,前年2月1日の官報で発表される.

第1条(意義)
自由と平和を求めてやまない日本国民は,美しい風習を育てつつ,よりよき社会,より豊かな生活を築きあげるために,ここに国民こぞつて祝い,感謝し,又は記念する日を定め,これを「国民の祝日」と名づける.

第2条
「国民の祝日」を次のように定める.
元日 1月1日 年のはじめを祝う.
成人の日 1月の第2月曜日 おとなになったことを自覚し,みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます.
建国記念の日 政令で定める日 建国をしのび,国を愛する心を養う.
春分の日 春分日 自然をたたえ,生物をいつくしむ.
昭和の日 4月29日 激動の日々を経て,復興を遂げた昭和の時代を顧み,国の将来に思いをいたす.
憲法記念日 5月3日 日本国憲法の施行を記念し,国の成長を期する.
みどりの日 5月4日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し,豊かな心をはぐくむ.
こどもの日 5月5日 こどもの人格を重んじ,こどもの幸福をはかるとともに,母に感謝する.
海の日 7月の第3月曜日 海の恩恵に感謝するとともに,海洋国日本の繁栄を願う.
山の日 8月11日 山に親しむ機会を得て,山の恩恵に感謝する.
敬老の日 9月の第3月曜日 多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し,長寿を祝う.
秋分の日 秋分日 祖先をうやまい,なくなった人々をしのぶ.
体育の日 10月の第2月曜日 スポーツにしたしみ,健康な心身をつちかう.
文化の日 11月3日 自由と平和を愛し,文化をすすめる.
勤労感謝の日 11月23日 勤労をたっとび,生産を祝い,国民たがいに感謝しあう.
天皇誕生日 12月23日 天皇の誕生日を祝う.

第3条
1.「国民の祝日」は,休日とする.
2.「国民の祝日」が日曜日に当たるときは,その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする.
3.その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る.)は,休日とする.
以下,省略

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-暦 季節 カレンダー 出来事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2018年7月20日は土用です.太陽黄経117度

五行に由来する暦の雑節です.これは1年に4つある不連続な期間で,四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前の約18日間です. 土用と言えば,夏の土用(立秋直前)を指すことが多く,夏の土用の丑の日には鰻を食べ …

2019年5月21日 七十二候 蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)

小満 初候 5月21日(火)-5月25日(土) 蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ) 参考 二十四節気(にじゅうしせっき) 七十二候(しちじゅうにこう) 二十四節気(にじゅうしせっき) 小寒,大寒,春分 …

2019年4月19日は満月

今日は満月です.晴れたらいいですね. スポンサード リンク 参考 今日はこれまで. スポンサード リンク

2019年4月5日 七十二候 玄鳥至(つばめきたる)

清明 初候 4月5日(金)-4月9日(火) 玄鳥至(つばめきたる) ツバメ(燕 Hirundo rustica)はスズメ目ツバメ科ツバメ属です. 日本で繁殖するツバメは冬になると台湾,フィリピン,ボル …

2019年5月5日はこどもの日 新月, 旧暦 4/1(卯月)

旧暦の4月1日です.太陽のすぐ隣にありますので,見えません. 最近,大きな鯉のぼりを見ることが少なくなりました.子供の頃の夢を忘れず,大切にしながら成長して欲しいものです. こいのぼり https:/ …