山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

日本で見かける毒のある植物

投稿日:2018-07-19 更新日:

野山に草花が咲いていますが,その中には毒をもったものがあります.以下は特に強毒なので,注意したほうが良いと思います.

日本の三大毒草

トリカブト

毒成分:アルカロイド
症状:嘔吐,呼吸困難,臓器不全
特徴:花粉やミツにも毒があるので,養蜂家が注意しないと,毒はちみつができてしまいます.

ドクゼリ

毒成分:シクトキシン
症状:痙攣,呼吸困難,嘔吐,下痢,腹痛,眩暈,意識障害
特徴:セリと似ているので,誤食の危険性があります.

ドクウツギ

毒成分:コリアミルチン
症状:痙攣,呼吸困難
特徴:赤-ピンク色の甘い実ができますが,食べると危険です.子供が口にしないよう注意が必要です.

その他のよく見かける毒草

どこにでもあるので,知らないと危険です.

ヒガンバナ

毒成分:アルカロイド alkaloid
症状:吐き気,下痢,麻痺
特徴:花が無いとノビルに似ているので誤食の危険があります.

キョウチクトウ

毒成分:オレアンドリン Oleandrin
症状:嘔気,嘔吐,四肢脱力,疝痛,下痢,頻脈,運動失調,食欲不振
特徴:枝をBBQの串代わりに使って死者が出たのは有名です.

スポンサード リンク

スズラン

毒成分:強心配糖体のコンバラトキシン(convallatoxin),コンバラマリン(convallamarin),コンバロシド(convalloside)
症状:嘔吐,頭痛,眩暈,心不全,血圧低下,心臓麻痺,痙攣,蹌踉,麻痺,呼吸困難,蛋白尿,頻尿
特徴:生け花の水にも毒が溶け出します.

チョウセンアサガオ

毒成分:ヒヨスチアミン Hyoscyamine
症状:麻酔,痙攣
特徴:江戸時代には麻酔薬として利用されました.

アジサイ

毒成分:不明
症状:過呼吸,興奮,ふらつき歩行,痙攣,麻痺
特徴:毒性があることは知られているのですが,中毒したアジサイから毒成分を分析しても推定していた成分が微量だったりして,アジサイが共通してもつ毒成分がまだ特定されていません.

アルカロイド
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89

オレアンドリン Oleandrin
https://en.wikipedia.org/wiki/Oleandrin

眩暈 ゲンウン:めまい

疝痛:センツウ:激しい発作的,間欠的な腹痛

蹌踉 ヨロメキ:よろめくこと


遭遇する確率が高い毒生物まとめ 植物編


―えっ、こんなものも?実は毒がある身近な食材―

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

第38週の花草木 オミナエシ

スポンサード リンク オミナエシ(女郎花)は秋の七草の一つで,チメグサ,敗醤(はいしょう)とも呼ばれます. 日当たりの良い草地に生えています.万葉の昔から愛好されてきて,前栽・切花などにも用いられてき …

第20週の花 ショウブ

端午の節句に入るショウブ湯のショウブは縁起の良い植物として利用されてきました. ちょうど今頃花が咲きます. ハナショウブと同じだと思っている人もかなり多いようです. その昔は,この花を「あやめ」と呼ん …

第10週の花草木 ワビスケ 侘助

スポンサード リンク ツバキと他種との雑種といわれています.花は半開のらっぱ状で径2-3cmと小さめです.雄しべは退化していて,子房に毛があるのが特徴です.ワビスケ群は30余種ほどあると言われています …

第33週の花草木 ワタ

ワタは木綿の原料として人類にとって重要な植物です.子房が発達して形成される朔果 (boll) の種子表面に白い綿毛が生じるのですが,これを繊維の原料として栽培しています. スポンサード リンク ワタ属 …

第48週の花 ヒイラギ(柊)

スポンサード リンク 数週間前から家の前にヒイラギが咲き始め,今満開です.木ヘンに冬の「柊」です.まさに冬の木ですね.ヒイラギの名前は棘のある葉に触るとヒリヒリと痛むことからひひらく,ひいらぐの連用形 …