山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第31週の花草木 ガマ

投稿日:2018-07-30 更新日:

ガマと言えばガマの穂が頭に浮かびます.昔はたくさんありましたが,あちこちにあった沼や用水路が宅地化されたり,暗渠になったりしてほとんど見かけなくなりました.

「かまぼこ」の語源ですが,昔の「かまぼこ」は今の「ちくわ」だったとのこと.後に「板かまぼこ」が生まれ,それが今の「かまぼこ」となり,本来の「かまぼこ」が「竹輪かまぼこ」と呼ばれ,今では「ちくわ」となりました.

ところで,ガマは多年草の抽水植物です.抽水植物とは,水生植物の一種で,比較的浅い水中に生息しています.根は水底の土の中にはり,葉や茎が水面から出ています.アシ・ガマ・ハスなどがあり,挺水(ていすい)植物,水沢(すいたく)植物などとも呼ばれます.

ガマ属(Typha)の日本で見られる主な種

ガマ Typha latifolia L.:雌花序の長さが10-20cm
ヒメガマ Typha domingensis Presl:雌花序と雄花序が離れて花茎の軸が見える
コガマ Typha orientalis L.:雌花序の長さが6-10cm

スポンサード リンク

ガマのデータ

目:イネ目 Poales
科:ガマ科 Typhaceae
属:ガマ属 Typha
種:ガマ T. latifolia
学名:Typha latifolia L.
和名:ガマ(蒲,香蒲)

分布:北半球の温暖な地域やオーストラリア,日本
生息地:池や沼などの水辺

高さ:1.5-2m
花期:6月-8月
花:穂の上半分は細く,雄花が集まり,開花時には黄色い葯が一面に出ます.
穂:穂の下部は雌花の集まりで赤褐色で太くなっています.雌花は結実後に綿クズのような冠毛を持つ微小な果実になります.果実は風により飛散し,水面に落ちると種子が放出され水底に沈み発芽します.


30秒の心象風景3745・ガマの穂~神社の池~


ガマの穂

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

第33週の花草木 スペアミント

スポンサード リンク ベランダのサボテンの鉢植えしばらく放って置いたら,スペアミント(多分)が生えていました.どこから来たのかわかりませんが,ハーブとして使えるので大歓迎です. ペパーミントととともに …

「紅葉 こうよう」と モミジ,カエデ

紅葉と書いて「こうよう」と読みますが,「もみじ」と読む場合もあります.「紅葉 こうよう」は落葉樹が紅色や黄色になることを言います.黄色になることを特に「黄葉 こうよう」と書く場合もあります. スポンサ …

第47週の花 チャ(お茶)

スポンサード リンク 毎日飲んでいるお茶.お茶と言えば,「夏も近づく八十八夜」のイメージがありますが,あれは茶の葉の摘む時期で,花は11月後半頃に咲きます.お茶の花は茶畑に行かないとないかと思っていま …

8月の植物写真

8月の植物写真です. スポンサード リンク スポンサード リンク

「雑草という草はない」 (2)

先日は植物学者の牧野富太郎の言葉として「雑草という草はない.それぞれに名前がある.」という話でした. さて,初夏の草花の成長には驚かされます. 散歩するときはいわゆる「雑草」にも注意を払って観察し,名 …