山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第21週の花 ゼラニウムはペラルゴニウム属です.フウロソウ属(Geranium)ではありません

投稿日:2017-05-23 更新日:

ゼラニウム,ペラルゴニウム

ゼラニウム,ペラルゴニウム

ゼラニウムは3月頃から11月の末頃まで1年を通じて咲く花で庭先などでよく見かける花です.葉にも特徴があるものもあり見分けることができます.種類によっては香りが強く,虫除け効果があります(蚊連草など).

園芸種として数百種類ありますので様々なバリエーションを楽しむことができます.日本では江戸時代に天竺葵テンジクアオイと呼ばれていました.5月に入ってから庭先などでよく見かける様になりましたので第21週の花とします.

ゼラニウムとは

数百種類のゼラニウムの祖先となったのはペラルゴニウム・ゾナレ( Pelargoniumu zonale) とペラルゴニウム・インクイナンス(pelargoniumu inquinans)2種類です(例外もありますが).ゼラニウムの正式名は「ペラルゴニウム」です.

特徴

花は一重咲き(5花弁)から八重咲きまで種類があります.長い花茎の先端に星形やカップ状の小花がボール状に咲きます(散形花序).葉に白や黄色の斑が入る品種やモミジに似た葉をもつ品種もあります.深裂葉や羽状複葉になるものもあり,多くが有毛です.

ゼラニウム,ペラルゴニウム

ゼラニウム,ペラルゴニウム

スポンサード リンク

ゼラニウムのデータ

学名 pelargonium zonale hybrids
分類 フウロソウ科(Geraniaceae) ペラルゴニウム属(pelargonium)
開花時期 3~11月末
花の色 白,橙,ピンク,赤
分布 南アフリカに自生し,マダガスカル,熱帯アフリカ,オーストラリアなどに分布.
温帯諸国で多く栽培されている
生育地 庭植え,鉢植え
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 20~100センチ

正しい呼び方について

ゼラニウムはフウロソウ科ペラルゴニウム属なので,正式には「ぺラルゴニウム」です.なぜならば,フウロソウ科フウロソウ属(Geranium)というのがあってこちらの属名が正式にゼラニウム(属名)なのです.

ゲンノショウコ(学名: Geranium thunbergii)やイチゲフウロ,コフウロ ,ミツバフウロ など○○フウロと呼ばれる植物がフウロソウ属(Geranium)で420種以上あります.

ゲンノショウコ

ゲンノショウコ

また,ペラルゴニウム属のうち一季咲きのものをペラルゴニウム,四季咲きのものをゼラニウムと呼んでいることもあります.これらはすべて正式にはペラルゴニウムです.紛らわしいですね.でも,植物の世界ではよくあることです.

いわゆる「ゼラニウム」と呼ばれる花 = ペラルゴニウム = フウロソウ科ペラルゴニウム属 = 正式には「ぺラルゴニウム」

ゲンノショウコ,○ ○フウロ = フウロソウ科フウロソウ属 = 正式には「ゼラニウム」

ですが,世間的にはゼラニウムの方が通じるでしょうね.

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

第52週の花草木 ハボタン

今日はクリスマスイブですね.今年もあとわずかです. 真冬で花が少ないこの時期に花壇で目立つのが色鮮やかな葉のハボタン.葉を花と見立てると,ボタンの花ににていることから名前がつきました. この鮮やかな色 …

第38週の花草木 オミナエシ

スポンサード リンク オミナエシ(女郎花)は秋の七草の一つで,チメグサ,敗醤(はいしょう)とも呼ばれます. 日当たりの良い草地に生えています.万葉の昔から愛好されてきて,前栽・切花などにも用いられてき …

第15週の花 ハチジョウキブシ 八丈木五倍子

3月半ばに第三回目の大島サイクリングに行きました.途中,見事な木の花?が垂れていたので撮影しました. 調べたところ「ハチジョウキブシ」という伊豆諸島に生息するキブシの一種でした.急な上り坂の道脇で異様 …

第30週の花草木 フロックス

フロックスと呼ばれる,キキョウナデシコ,クサキョウチクトウ,ツルハナシノブ,シバザクラなどの一群があります. 花は5弁で花色には濃淡の青・藤色・明るい赤・白などがあります.早春に開花するものと夏から秋 …

第45週の花草木 フウセンカズラ

風船というとゴム風船しかイメージがわかないこの頃ですが,その昔には紙でできたものがありました.その形に似ているのが,フウセンカズラ. スポンサード リンク フウセンカズラの「カズラ」とは,つる植物一般 …