山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

自然 科学 技術

今年の夏至は6月21日です.夏至と二十四節気について

投稿日:2017-05-24 更新日:

時計
今年の夏至は6月21日です.本ブログでは春分,立夏と見てきました,そして次に来るのは夏至です.夏至は一年で最も昼の時間が長い日です.定気法では太陽黄経が90度となる瞬間でそれを含む日を夏至日と言います.春分が0度,夏至が90度,秋分が180度,冬至が270度で1年一回りします.

夏至日について

2017年から2025年の夏至と夏至日は以下の通りになります.
2017年 6月21日04:24 6月21日
2018年 6月21日10:07 6月21日
2019年 6月21日15:54 6月22日
2020年 6月20日21:43 6月21日
2021年 6月21日03:32 6月21日
2022年 6月21日09:14 6月21日
2023年 6月21日14:58 6月21日
2024年 6月20日20:51 6月21日
2025年 6月21日02:41 6月21日

これを見ると2019年の6月22日以外は6月21日が夏至日になります.ちなみに南半球でも天文学上の太陽黄経90度は同じ日ですが,呼び方は「the winter solstice」となり,冬至になります.北半球の夏は南半球では冬ですから逆になります.ここでsolstice = 至 ですね.学術的には「至点」と訳します.至点とは天球上において太陽の赤道面からの距離が最大となる瞬間、またはその時の太陽の位置を指す語です.

北半球と南半球で呼び方が混乱するので,他に以下の呼び方があります.
the northern solstice と the southern solstice:
北半球側の至点(北回帰線)と南半球側の至点(南回帰線)

the June solstice と the December solstice:
6月の至点と12月の至点

これなら混乱を避けることができますね.

スポンサード リンク

二十四(にじゅうし)節気(せっき)

春分が0度,夏至が90度,秋分が180度,冬至が270度で1年一回りしますが,1年12カ月を4期に分けますので,3カ月間隔となります.これをさらに半分に分けると,45度で,1.5カ月間隔ですが,以下の様になります.時計の文字盤を思い浮かべてください.一周で一年です.

太陽黄経と時計の時刻(短針)
000 春分 0時
045 立夏 1時半
090 夏至 3時
135 立秋 4時半
180 秋分 6時
225 立冬 7時半
270 冬至 9時
315 立春 10時半
360 春分 12時

各季節の呼び名に「立」が付いているだけです.立夏,立秋,立冬,立春だけ覚えておいてください.45度,なので,1.5カ月間隔にやってきます.

これをさらに15度,24期に分けたものが二十四節気です.0.5カ月,約2週間間隔です.
太陽黄経と時計の時刻(短針)
000 春分 0時
015 清明 0時半
030 穀雨 1時
045 立夏 1時半
060 小満 2時
075 芒種 2時半
090 夏至 3時
105 小暑 3時半
120 大暑 4時
135 立秋 4時半
150 処暑 5時
165 白露 5時半
180 秋分 6時
195 寒露 6時半
210 霜降 7時
225 立冬 7時半
240 小雪 8時
255 大雪 8時半
270 冬至 9時
285 小寒 9時半
300 大寒 10時
———-
315 立春 10時半
330 雨水 11時
345 啓蟄 11時半
000 春分 12時
時計
時計の文字盤1周12時間を1年とみると二十四節気は半時間区切り(2週間)となります.
今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-自然 科学 技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

セミ

セミの季節,セミの謎 1

スポンサード リンク 大気の状態が不安定で雨や雷が多くなってきました.夏も盛りを過ぎて残暑と台風のシーズン直前です. 花は減りましたが,緑は青々と茂っています.そして,あたりはセミの大合唱. アブラゼ …

セミ

セミの季節,セミの謎 2

スポンサード リンク セミの話2回目です.セミは不思議な生物です.なぜあんなに長い間土の中で生活しているのでしょう?そして,せっかく成虫になったのに間もなく死んでしまいます. スポンサード リンク

秋になると緑の葉が黄葉,紅葉,褐葉するのはなぜ?

スポンサード リンク 秋らしく朝晩が涼しくなってきました.つい先月まで緑色をしていた木々の葉も黄色くなったり,赤くなったり,褐色になったものが混ざってきました. 今日は黄葉と紅葉のお話で.どちらも「こ …

ナイロンの開発

1935年の2月27日(今日),アメリカのデュポン社が6,6-ナイロンを開発しました.ナイロン世界初の合成繊維で,ウォーレス・カロザース Wallace Hume Carothersが高分子を重合して …

オオキバナカタバミ 花は閉じているが葉は開いている

オオキバナカタバミ, オキザリス・ペスカプラエの続報

オオキバナカタバミ開花中 スポンサード リンク 以前に四葉のクローバーの話から始まり,クローバーと間違えやすいカタバミの話となり,そしてそのカタバミの仲間のオオキバナカタバミが咲きだしたと報告しました …