山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

自然 科学 技術

高性能気象レーダを用いたリアルタイム降雨観測システム,気象庁 高解像度降水ナウキャストと国土交通省 XRAIN

投稿日:2017-05-26 更新日:

レーダー・ナウキャスト

レーダー・ナウキャスト(気象庁ホームページより)

気象予報の技術は日進月歩です.先日お話ししたレーダーを利用して降水予報をするシステムは現在では250mの解像度まで高められています.つまり,レーダーから雲の位置が250mまで正確に測れるという事です.レーダーから距離が離れれば横方向の精度は悪くなります.全国に20カ所の気象ドップラーレーダーで観測しています.

気象庁 高解像度降水ナウキャスト

この観測地に加え,雨量計のデータ、ウィンドプロファイラやラジオゾンデの高層観測データ、国土交通省のXバンドレーダなどを加えて降水域の内部を立体的に解析して予測するとのことです.

この方法だと,250mの解像度の降水分布なら30分先,予測時間35分から60分までは、1kmの解像度で予測を提供できます.
気象庁 高解像度降水ナウキャスト

https://www.jma.go.jp/jp/highresorad/

スポンサード リンク

降水ナウキャストの予報は5分間隔に更新されるため、急に降り出す雨に即応できます.梅雨時には便利ですね.この情報は各種雨雲レーダーアプリなどでも見ることができます.

国土交通省 XRAIN

これとは別に国土交通省のXRAINというシステムがあります.これは豪雨時の避難活動、防災活動を役立てることを目的につくられています.観測間隔は1分,観測から配信までの所要時間1-2分と即時情報提供性に優れています.ただし,降水予測はしていません.急に雲行きが怪しくなるような真夏の夕立対策にも使えそうですね.

国土交通省 XRAIN

http://www.river.go.jp/x/xmn0107010.php

XRAIN

XRAIN (国土交通省川の防災情報より)

どちらも無料で提供されていますので有効活用していきましょう.
今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-自然 科学 技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2018年1月31日水曜日は「皆既月食」 晴れていたら南東にある月を見ましょう!

今回の月食は天気さえ良ければ,条件は完璧です. スポンサード リンク 2018年1月31日の皆既月食データ 1月31日 20:48 部分食開始 1月31日 21:51 皆既食開始 1月31日 22:3 …

ナイロンの開発

1935年の2月27日(今日),アメリカのデュポン社が6,6-ナイロンを開発しました.ナイロン世界初の合成繊維で,ウォーレス・カロザース Wallace Hume Carothersが高分子を重合して …

ヤシ

ヤシの木,ヤシの実について

スポンサード リンク 映画キャスト・アウェイの主人公が無人島に流されて最初に口にしたのがヤシの実でした.四苦八苦しながら実の中の液を飲んでいました.さて,ヤシですがはヤシは全部で3333種あります.熱 …

雨雲

天気予報の降水確率が10%だったら雨具を持って行った方が良いかどうか?

天気予報の降水確率というのがあります.80%ならば雨を覚悟して雨具を持っていくでしょう.30%だったらどうしますか?では10%だったら?0%だったら絶対に雨は降らないのでしょうか?降水確率について結論 …

ワルナスビ花

ワルナスビ,星形をした白い小さな花だけど名前がすごい

スポンサード リンク 写真の花はワルナスビです.今日散歩の途中で見つけ撮影し,名前がわからなかったので,いつもの「みんなの花図鑑」で聞きました.小さな星型で雄蕊がバナナみたいな形なのに名前があまりにも …