山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

暦 季節 カレンダー 出来事

2018年9月01日は二百十日です

投稿日:2018-09-01 更新日:

2018年9月1日は二百十日です.立春から210日目(立春の209日後の日)を二百十日と言い,台風や風の強い頃の目安とされます.昔は八朔(旧暦8月1日,2018年9月10日),二百十日(2018年9月1日),二百二十日(2018年9月11日)が農家にとって三大厄日とされていました.台風シーズンだからです.確かに台風や大雨,大風が毎週の様に訪れてきますね.

この頃に吹く野の草を吹き分けるほど強い暴風のことを野分 (のわき)といいます.

野分 575筆まか勢
https://fudemaka57.exblog.jp/23216712/

稲の刈入れ時期と重なり,農家にとって天候が気になる微妙な時期です.

スポンサード リンク

【都道府県別】稲刈りの時期・時期を判断する方法|新潟/茨城
https://uranaru.jp/topic/1032969

参考

575筆まか勢
https://fudemaka57.exblog.jp/i4/


二百十日の花


夏目漱石 二百十日 橋爪功

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-暦 季節 カレンダー 出来事
-,

執筆者:

関連記事

2019年4月20日 七十二候 葭始生(あしはじめてしょうず)

穀雨 初候 4月20日(土)-4月24日(水) 葭(あし)は葦,芦,蘆とも書き,よしとも読みます.これは「あし」が「悪し」を連想させ縁起が悪いとし,「良し」に変えて読むことがあるためです. これの様な …

2019年2月19日 二十四節気 雨水 (うすい) 太陽黄経 330 度

陽気地上に発し,雪氷とけて雨水となれば也(暦便覧) 雪の季節もそろそろ終わる頃です.春一番が吹き,九州南部ではうぐいすの鳴き声が聞こえ始めます. だんだん春らしくなっていきます. [京都二十四節気] …

2019年4月25日 七十二候 霜止出苗(しもやみてなえいづる)

穀雨 次候 4月25日(木)-4月30日(火) 来月は田植えの時期ですが,その為の苗を育てています.同時に田おこし(土に肥料と酸素を与える)やしろかき(水の深さにムラが出来ないように土の起伏をならす) …

1792年9月22日フランス革命暦使用開始

王政廃止が宣言が宣言された翌日の1792年9月22日,フランス革命暦が使用開始されました. 実際に使用された日は1793年11月24日ですが,前年の1792年9月22日が王政廃止の翌日でしかも秋分の日 …

2019年3月11日 七十二候 桃始笑(ももはじめてさく)

啓蟄 次候 3月11日(月)-3月15日(金) 桃始笑(ももはじめてさく) 「笑」と書いて「さく」と読ませます.なるほど,そういう感性はありませんでした. 桃の花の桃色と菜の花の黄色の組み合わせは春の …