山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

花草木

第37週の花草木 ホオズキ

投稿日:2018-09-10 更新日:

「鬼灯」と書いて「ほおずき」とよみます.ちょっと怖そうな名前ですね.ホオズキの「ほお」は頬(ほほ)つまり,ほっぺたのことです.「ずき」は「づき」で,顔づき,目つきなどの「つき」です.つまり,人の顔に似ているということでしょうか.

夜,鬼が人の顔した赤い提灯をぶら下げて歩いているイメージでしょうか?ハロウィーンみたいですね.お盆にはホオズキを死者の霊を導く提灯に見立て,枝付きで精霊棚(盆棚)に飾ることもあります.

ちなみにほおずきとして鑑賞している袋の部分は花のガクです.ガクが成長してホオズキの袋をつくります.

このサイトに成長の様子が記録されています.
https://plaza.rakuten.co.jp/okada1952/diary/201506100000/

季節の風物「ほおずき市」と言えば,東京浅草の浅草寺が有名です.7月9日,10日に四万六千日の縁日として行われます.明和年間(1764〜72)に始まったので,約250年の歴史があります.当時は旧暦でしたので,季節的には新暦の7月より一月以上遅かったと思います.ほうずき市に最適な時期だったのでしょう.

「ほおずきの実を水で鵜呑み(丸飲み)すれば,大人は癪(なかなか治らない持病)を切り,子供は虫気(腹の中にいると考えられた虫による腹痛など)を去る」という俗信があり,薬用で食していたと言われています.

ナス科植物で,食用として栽培されているものもありますが,鑑賞用のものには毒物であるアルカロイドが含まれていますので,食用厳禁です.

スポンサード リンク

参考

ホオズキのデータ

目:ナス目 Solanales
科:ナス科 Solanaceae
属:ホオズキ属 Physalis
種:ホオズキ(母種) P. alkekengi
変種:ホオズキ var. franchetii
学名:Physalis alkekengi var. franchetii
和名:ホオズキ(鬼灯、酸漿),カガチ、ヌカヅキ
英名:Chinese lantern plant

原産地:東南アジア
性質:多年草
草丈:30-100cm
花:淡い黄色
花期:6-7月
鑑賞期:8-9月

しろうと自然科学者の自然観察日記
https://plaza.rakuten.co.jp/okada1952/

浅草寺 ほおずき市
http://www.senso-ji.jp/annual_event/13.html


ほおずき市浅草寺2018


浅草 ほおずき市 TOKYO JAPAN Chinese Lantern Plant fair 東京観光 花見頃


ほうずき

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-花草木
-

執筆者:

関連記事

第2週の花 ナズナ

七草(セリ,ナズナ,ゴギョウ,ハコベラ,ホトケノザ,スズナ,スズシロ)の二つ目,ナズナ. 別名,ペンペン草. 「ぺんぺん草も生えない」と言いう表現は,どんな場所でも生える程生命力の強いペンペン草も生え …

第8週の花 スイセン

冬の寒い時期でも咲いていたスイセンは白や黄の花を4月頃まで咲かせます. 原産地はイベリア半島(スペイン,ポルトガル)を中心とした地中海沿岸地域なのですが,耐寒性に強いのが特徴です. 漢字表記は「水仙」 …

第48週の花 ヒイラギ(柊)

スポンサード リンク 数週間前から家の前にヒイラギが咲き始め,今満開です.木ヘンに冬の「柊」です.まさに冬の木ですね.ヒイラギの名前は棘のある葉に触るとヒリヒリと痛むことからひひらく,ひいらぐの連用形 …

1月の植物写真

一月も今日でお終い.早いものです.まだ咲いている花は少ないですが,実はなっています. 花屋さんを覗いてみれば,たくさんの花が咲いています. 参考 【大切な人へ】1月の花言葉365日分と誕生花一覧です …

第28週の花 ハス

ハスとスイレンの区別はできますか? スポンサード リンク 百聞は一見に如かず.上の動画を全部見れば簡単にに見分けられる様になります. 簡単にいうと,スイレンは水面近くに花が咲き,葉に切り込みがあります …