山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

暦 季節 カレンダー 出来事

2018年10月23日は霜降です.太陽黄経210度

投稿日:2018-10-23 更新日:


[京都二十四節気] 霜降

霜降(そうこう)とは露が霜となって降りる頃.次の節気は立冬です.これで秋はお終いということですね.移り変わりのなんと早いこと.

スポンサード リンク


霜降山サバイバル生活~その1~

今からちょうど150年前の1868年10月23日(慶応4年,明治元年旧9月8日)に明治と改元されました.この時点では,まだ旧暦を使用していました.

二十四節気と太陽黄経


315° 立春
330° 雨水
345° 啓蟄
0° 春分
15° 清明
30° 穀雨


45° 立夏
60° 小満
75° 芒種
90° 夏至
105° 小暑
120° 大暑


135° 立秋
150° 処暑
165° 白露
180° 秋分
195° 寒露
210° 霜降


225° 立冬
240° 小雪
255° 大雪
270° 冬至
285° 小寒
300° 大寒

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-暦 季節 カレンダー 出来事
-,

執筆者:

関連記事

2019年8月8日 七十二候 涼風至(すづかぜいたる)

立秋 初候 8月8日(木)-8月12日(月) 涼風至(すづかぜいたる) ちっとも涼しくないのですけど,暑さの中に涼風が吹けば,心地よいですね. 参考 二十四節気(にじゅうしせっき) 七十二候(しちじゅ …

6月は水無月(みなづき,みなつき),旧暦と和風月名について

水無月ときくと水の無い月のように聞こえますが,みなづきの「な」は連体助詞*の「な」で,「の」と同じ意味です.つまり,水の月ということになります.水な底(みなぞこ)が水「の」底という使い方と同じです. …

10月26日は原子力の日

今日は原子力の日. 福島の発電所事故から8年余.早いものです.良い面ばかりが強調されてきた原子力.たびたび起きてきた原子力事故も福島に至って,積極的な推進はされなくなりました. 危く日本の半分が使用不 …

7月は文月(ふみづき,ふづき),旧暦と和風月名について

七夕に詩歌を献じ,書物を夜風に曝す風習があったことから文月と呼ばれています.あるいは稲の穂が含む月であることから「含み月」,「穂含み月」の意味が転じたという説もあります. 2018年7月02日は半夏生 …

2019年11月22日 七十二候 虹蔵不見(にじかくれてみえず)

小雪 初候 11月22日(金)-11月26日(火) 虹蔵不見(にじかくれてみえず) そもそも虹はほとんど見えないものなので,この表現の意味するところは不明です.たぶん,清明の末侯 4/14~4/19頃 …