山河海空 地球を巡る水の旅

地球から日常生活まで,独自の視点で考える

暦 季節 カレンダー 出来事

2018年11月7日は立冬です.太陽黄経225度,鍋の日

投稿日:2018-11-07 更新日:

2018年11月7日は立冬(りっとう)です.もう冬入口ですね.立冬になると,冬の気配が現われてきます.
まだ,部屋の片隅に扇風機が残されていますけど...


[京都二十四節気] 立冬


立冬.


立冬の俳句。1


11月7日は【鍋の日】由来は??

参考

二十四節気 ニジュウシセッキ

小寒,大寒,春分など1年を24分して,それぞれに名前が付いています.1年は12カ月なので,各節季は半月です.

二至二分

二十四節気の中には4つの主役がいます.
春分,夏至,秋分,冬至です.この4つを二至二分といいます.
それぞれ四季の代表で,天文学上の意味もあります.それぞれの季節の真ん中になります.

スポンサード リンク

四立

それぞれの季節の始まりも重要です.
立春,立夏,立秋,立冬がそれぞれの季節の始まりです.この4つは四立です.

八節

二至二分と四立を合わせて八節といいます.四季を前半始めと後半始めになります.具体的には,

四季(前半,後半)

春:立春,春分
夏:立夏,夏至
秋:立秋,秋分
冬:立冬,冬至

二十四節気

八節それぞれを「リーダー」として2つづつ節季を加えて ,(3節季)をひとまとまりにします.各四季は3+3=6節季で成り立ちます.

春 (全部で6節季)
春前半 (3節季)
「立春」 +雨水 +啓蟄

春後半 (3節季)
「春分」 +清明 +穀雨

夏 (全部で6節季)

夏前半 (3節季)
「立夏」 +小満 +芒種

夏後半 (3節季)
「夏至」 +小暑 +大暑

秋 (全部で6節季)

秋前半 (3節季)
「立秋」 +処暑 +白露

秋後半 (3節季)
「秋分」 +寒露 +霜降

冬 (全部で6節季)

冬前半 (3節季)
「立冬」 +小雪 +大雪

冬後半 (3節季)
「冬至」 +小寒 +大寒

知ってしまえば簡単ですが,4つの主役と8つのリーダーの意味を知れば理解しやすいと思います.これからも機会がある度に繰り返して説明していきます.

二十四節気と太陽黄経


315° 立春
330° 雨水
345° 啓蟄
0° 春分
15° 清明
30° 穀雨


45° 立夏
60° 小満
75° 芒種
90° 夏至
105° 小暑
120° 大暑


135° 立秋
150° 処暑
165° 白露
180° 秋分
195° 寒露
210° 霜降


225° 立冬
240° 小雪
255° 大雪
270° 冬至
285° 小寒
300° 大寒

今日はこれまで.ではまた.

スポンサード リンク

-暦 季節 カレンダー 出来事
-,

執筆者:

関連記事

2019年6月1日 七十二候 麦秋至(むぎのときいたる), 気象記念日そして電波の日

小満 末候 6月1日(土)-6月5日(水) 麦秋至(むぎのときいたる) 参考 気象記念日 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E8%B1%A1%E8%A8% …

七十二候 梅子黄(うめのみきばむ)

芒種 末候 6月16日(日)-6月21日(金) 梅子黄(うめのみきばむ) ウメの収穫量 県別番付 和歌山県:71,400t群馬県:5,400t奈良県:2,750t長野県:2,190t三重県:1,870 …

2019年8月8日 二十四節気 立秋 (りっしゅう) 太陽黄経 135 度

初めて秋の気立つがゆへなれば也(暦便覧) この日から立冬の前日までが秋. 一年で一番暑い頃であるが,一番暑いと言うことはあとは涼しくなるばかり. —- 暑くても,こういうポジティブな考え方 …

2019年12日2日 七十二候 橘始黄(たちばなはじめてきばむ)

黄葉と紅葉.どちらも秋のお終いから冬にかけて楽しめる樹々のラストの演出です. 小雪 末候 12月2月(月)-12月6日(金) 橘始黄(たちばなはじめてきばむ) 参考 二十四節気(にじゅうしせっき) 七 …

2019年5月26日 七十二候 紅花栄(べにばなさかう)

小満 次候 5月26日(日)-5月31日(金) 紅花栄(べにばなさかう) 参考 ベニバナ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%8B%E3%83% …